FileNo.0 エンディング-02

 女が告げた、直後。


 どん、と、低い炸裂音が響いた。


「え」


 女の青い瞳が、強く鋭く光っている。……俺は目を見開いていた。


 無い。


 女が持っていた水飴の棒が、蠢く蟲達ごと消え失せている。


「何……何をした?」


「ハッピーエンド」


「何?」


「あたしの答えさ。理由は『あたしがそう信じてるから』。


 こりゃあたしの持論だがな。物語なんてのは大抵、誰かの人生の、ほんの一部分の切り出しだ。神話のスサノオを見ろよ。高天原じゃ只の糞野郎、だが八岐大蛇退治譚じゃご立派な英雄だ。


 オッサンの噺も同じさ。どの話にも必ず『続き』がある。だから、あたしは信じるね。どれも最後にゃ、幸せが待ってる、ってな」


 女の言葉は覇気に満ちていた。纏う陰鬱な空気とは全く対照的だ。だが、何故だ? この屋台に来る奴は皆、俺と同類の筈なのに。


「大体な、オッサン。手がせこいぜ。どうせ、正解かどうかはあんたの匙加減、気に入り加減なんだろ? 曖昧な謎掛けしてくる奴は、大抵そんなもんだよ」


 俺は呆けた頭で女を見ていた。爛々と輝く二つの眼には、確固たる自信が満ち満ちている。眩しい光だ。遥か――遥か昔に目にしたきり、見ることの無かった光。俺は今、それに相対している。


「あんた……何者だ?」


 問うと、女は不敵に笑った。


「分からねえか? オッサンの話にも出てきてただろ」


「『霊能力者』? 本当に?」


 俺は高揚していた。本物の霊能力者と出会う。こんな滅多にない出来事と遭遇するなんて――。


「話を戻そうぜ、オッサン」


 俺の昂奮を押しとめるように、女は尋ねた。あたしは正解か、と。


 俺は。


「……ああ、うん。正解だ。正解だよ、お嬢さん」


 言葉の途中で、俺は笑った。ここ最近感じたことの無い、清々しい気分だ。


「そうさ、結論なんてどうだっていいんだ。分かるだろ? 兎角、この世は表層しか見ない馬鹿者が多すぎる。


 例えば……そう、丁度、お嬢さんの後ろの奴ら」


 眼前の彼女は大きく仰け反り、俺に体を向けたまま、器用に後方を見た。言うまでもなく、その視界には、能天気にへらへらと笑いながら石畳を行き交う、俗人どもが映っていることだろう。


「祭りってのは本来、神に感謝を捧げ、獲物を還す神聖な儀式だ。それがどうだい。今や只のイベントとしか思ってねえ不届き者ばっかりだ」


「一応言っておくがな、祭の起源ってのは、学者様の間でも揺れてる難問だぜ」


「そうさ、お嬢さん。どれだけ目の前のことに自分の解釈を持てるか。重要なのはそこだ。生者の価値は、そこに凝縮されていると言ってもいい」


「聞けよ」


「俺はな、それを為さない馬鹿者どもが、只只管に憎いのさ。想いは馳せるべきものだ。生者は常に考え続け、受け取る中で吟味し続けるものだ。それが出来るのは生者の特権だし、その放棄は生の放棄でもある」


 相手は面倒そうに溜め息をついた。それで俺は我に返った。そうだ、暫く見ない正解者、正しき享受者。彼女には贈り物を授けねば。


「じゃあお嬢さん、あんたには――」


「気が済んだか? じゃ、今度はこっちのターンだ」


 仰け反っていた彼女は、そこから「よっと」と声を吐き、俺を真正面から見据え――一瞬で、俺の目の前に右手を掲げた。


「……お守り?」


 そう。彼女の右手に在り、俺の眼前に突きつけられたもの。それは、一つの古いお守りだった。と言っても、決して神聖なものでは無い。酷く陰鬱な気を纏っている。いや。


 呪われて、いる。


「オッサンが只の語り部だったなら、まだ猶予はあったんだけどな。あんたは邪悪だ」


「邪悪? 俺が? 俺はただ、生の価値を伝えてるだけだ」


「よく言うぜ。気分次第で正解は変える、途中退室も許さねえ。決め手は水飴だな。アレ、あの世の食い物だろ? 黄泉戸喫――口を付けたら、その時点であの世に連れて行くつもりだったんだろ」


「お嬢さん」


 俺は掲げられたお守りを見つめた。呪われたお守り。彼女が身に纏う陰鬱な気は、これが発生源だったのか。そう言えば、昔、聞いたことがある。


 魔を以て魔を祓う――そんな退魔の術法がある、と。


「俺はあんたを祝福したいんだ」


「そりゃ嬉しいね。だがな、オッサン。あたしはあんたの、その高慢で押しつけがましい考え方が嫌いだ。


 祭りだろうが噺だろうが、どう受け取るかなんて他人が強制するもんじゃねえ。厳粛な奴も、気軽に自由に楽しむ奴も居る。居ていいんだよ。……ま、これも所詮はあたしの持論だし、あんたがどう受け取るかは自由だ」


 でもさ、と彼女は笑った。屈託の無い笑顔で。


「オッサンの噺、あたしは嫌いじゃないぜ。……これくらいは素直に受け取れよ?」


「……そうかい」


 彼女の掲げるお守りが、碧く光った。綺麗な光だった。ああ、いや、でも。


 この落ち着いた気分は、きっと光のお蔭では無く――。


「じゃあな、オッサン。往生しろよ」


 どん、と、何かが破裂したような衝撃が、体に響いた。








「売れねえ作家かなにか……ってところか」


 長椅子に座り、彼女は独り呟いた。屋台は消え去り、眼前には長椅子が幾つか置かれた休憩所が広がっている。祭りの喧噪は背後から絶え間なく続いており、蒸し暑さに彼女は白衣の袖で額を拭った。


 ぽつんと、正面の長椅子に、古ぼけた一冊の本が置かれている。


「豪華プレゼント、ねぇ」


 彼女は本を手に取り、無造作に頁を捲った。『エンディング』と背表紙に書かれたその本には、先程の男から聞いた、幾つかの物語が記されている。それを目で追って、やがて彼女は本を閉じた。そして、立ち上がる。本を片手に、夜空を見上げながら。


 後に花火が上がる予定の空には、ちらほらと小さな星が瞬いている。風が吹けば涼しいが、吹かないとじんわり肌に汗が滲む、そんな夜だ。


「ま、貰っといてやるか」


 呟いた直後、仄かに蚊取り線香の香りがした――ような気がした。




【エンディング 完】

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます