FileNo.1 ブラック-08




 ――鼓膜を潰そうとしているかのような爆音が響いていた。




 僕は手を伸ばしていた。前方に。足は動かない。手だけが動く。眼前には男の姿があった。彼は僕を見て、僕の背後を見て、それから一言、何かを呟いた。




 何を呟いたのか。爆音のせいで、内容は一切聞こえない。だが、口元の動きで分かった。間違いない。彼はこう言ったのだ。








《すまない、許してくれ》








 彼はくるりと僕に背を向けた。僕は手を――泥だらけ煤だらけの真っ黒な手を彼に伸ばしながら、割れた爪先と走って遠ざかっていく男の背中を視界に入れながら、声を振り絞り、喉が潰れんばかりに叫んでいた。








《オレを見捨てるのか。オレを》








 爆音と共に、凶悪なまでの衝撃が体を貫く。途端、真っ黒な爪先が、真っ黒く塗り潰された。それが僕のすぐ前に落ちてきた岩盤のせいであり、僕は僕の腕が圧し潰されたことを知覚していた。足が動かない理由も、同時に理解する。ああ。僕の半身は潰れているのだ。巨大な岩塊の下敷きになって。




 潰れるのだ。




 僕は。








《お前だけ》








 僕は血と共に声を吐いた。




 直後、地が僕を圧し潰した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます