FileNo.1 ブラック - 09

    ●    ●    ●




「――起きたか」




 僕が眼を開くと、ボスは低い声でそう言った。僕は周囲を見回した。




 低いエンジン音。




 やわい振動。




 体を固定するシートベルト。




 窓の外は高速道路。朝陽の中、隣を走る大型トラック。僕の座席の前には雷瑚らいこさんが居て、どうやらバックミラー越しに見る限り、耳栓みみせんとアイマスクをしてイビキをかいて眠っているようだ。そしてボスはハンドルを握り、アビエイタータイプのサングラス越しに前方を見つめている。




「ここは」




「帰還中だ。あと三十分もすれば家に着く」




 んがっ、と色気もクソも無い寝息を雷瑚さんが響かせて、ちらりとボスが彼女を見る。僕もぼんやりと彼女を眼で追って、それからふと、自身に目を向ける。




 『壁』は。




 消えていた。




「解呪は成功だ。無事に成人出来るだろう。目立った外傷は無かった筈だが、念のため足がポッキリいってないか確認しておけ」




 言われた通り、僕はペタペタと自身の体を触ってみる。足元。腹。頭。痛みが皆無というワケではないけれど、泣きたくなるようなものではない。あれだけの高さから落ちた――いや、落とされたのに。




「言っておくが、解呪したのは雷瑚だが、怪我が無いのは俺の能力によるものだ。そこは間違うな」




「能力?」




くわしくは言えん」




 ぶっきらぼうにボスは言った。恩着せがましいのか、それとも冗談のつもりなのか、それは分からない。だけどそれはともかく、彼の言葉は真実なのだろうと思う。彼ら二人の力によって僕は助かった。助けられた。それは、間違いない。




「……僕は生きていていいんでしょうか」




 僕は次に、ふとそんな言葉を漏らした。頭の中では、先ほど見た夢――いや、きっと夢ではない『何か』の記憶が、ぐるぐると巡っている。




「お二人は、どうして僕を助けてくれたんですか?」




「仕事だからな」




「仕事?」




「端的に言えば国家公務員だ」




 公務員、と僕は呟く。霊だの呪いだの、そんなものに関わる公務員が居るだなんて話は聞いたことが無い。そんな僕の考えを見抜いたのだろう。ボスは「警察官や消防士みたいなものだ」と続けた。




「但し、存在は秘匿ひとくされている。お前のもとに来たことについても、何が切っ掛けだったか伝えることは出来ん。運が良かったとでも考えておけ。




 それと、この件は秘密にしておいた方がいい。バラしたからといって何があるわけでも無いが、お前がオカルティスト扱いされるだけで終わるのが関の山だ」




 並走している大型トラックが朝陽の中で大きく揺れる。ガタン、と派手な音が鳴っても、どこかぼんやりとそれを聞いている自分が居た。




「不服か」




 次にボスは僕にそう尋ねた。不服――そうなのだろうか。分からない。だけど、確かにそうなのかもしれない。何か大きな使命があった。古い因縁いんねんがあった。僕の呪いを解かねばならない理由があった――そうであれば僕は素直に告げられたのかもしれない。「助けてくれてありがとう」と。




 だけど。




「僕は助けてもらうべきじゃなかったのかも知れません」




「……何を見たのか知らんが」




 一拍いっぱくを置いてから、ボスは低い声で告げた。




「お前は生きるために、俺たちのような除霊師を探し回った筈だ。だからお前の『壁』は消えた」




「だけど」




「それでも自分は死ぬべきだと思うなら好きにしろ。お前ももう餓鬼がきじゃねえ。どう死ぬかは自由だ。だが、これだけは忘れるな」




 んがっ、とまた雷瑚さんが声を出した。




 眉をひそめながら、ボスは言った。




「俺もこいつも徹夜してる」




 ボスはそれきり何も言わなかった。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る