FileNo.1 ブラック-03




 次に『壁』に気付いたのは、その十日ほど後だったと思う。大学の正門からキャンパスへ通ずる、小奇麗な石畳の坂道を進んでいた僕は、前方二十メートル程先に、あのどす黒い存在が浮かんでいることに気付いたのだ。




 そして、それが初めて、『壁』の異常性に気付いた時だった。




 その時の僕は独りだった。授業が二限目からだったから、少し遅めの――友人とずれた時間帯でキャンパスに着いたのだ。だから、誰かとその『壁』について話し合えたわけでは無い。ただ、その必要も無い程に、それは分かりやすく奇妙で、異様だった。




 僕はぽかんと口を開けて、前方のその光景を見つめていた。大勢の学生が坂道を歩いていた。ケラケラと友人同士で笑い合いながら、或いはスマートフォン片手に一人で黙々と。僕はその中で一人立ち止まっていたから、恐らくは複数名に変な奴と思われたに違いない。アホ面以外の何者でも無かったとも思う。だけど、仕方ないじゃないか、とも思う。




 何せ、僕の前方の黒い『壁』を、学生たちは平然と『すり抜けて』いくのだから。




 不可思議な光景だった。僕の正面前方、地上三十センチほどのところで浮いている真っ黒な『壁』。学生たちは次々と、その黒い壁に直進していく。だが、その誰もが『壁』にぶつかることはなく、まるでそこには何も無いかのように、するりと黒い壁を突っ切り、そのままキャンパスへと進んでいくのだ。僕はARゲームを頭に浮かべていた。カメラ越しに、自分の机の上にゲーム・キャラクターが表示されるけれども、実際に手を伸ばしたところで触れることは叶わない。そりゃあそうだ。何せ、実際には『存在しない』ものなのだから。




 だけど、僕の眼はカメラでは無い。学生たちがするすると黒い壁をすり抜けていくと言うことは、確かに、あそこには何も無いのだろう。だが、ならば何故、僕にあの『壁』が見える?




 僕は真相を確かめるべく、『壁』に近づこうとした。だが、近づこうと歩いても、走っても、『壁』には辿り着けなかった。逃げ水のように、それはずっと、僕の前方約二十メートルのところで浮かび続けていて、その相対距離が縮まることは無かった。




 ……いや、縮まることが無かった、というと、語弊がある。何せ。




 毎日少しずつ、『壁』は僕に近づいていたのだから。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます