第一夜 「新月」 朔(さく)

 今夜は新月。月が見えない夜。

 昔から新月に願いごとをすると叶うという言い伝えがある。


 夜というのに酷暑のせいか、空気は湿気を孕んで蒸し暑い。



 公園側の街灯が横にあるベンチをほのかに照らしている。


 さくは、そのベンチに一人座っていた。

 無造作なショートカットの髪に黒目がちな一重の切れ長の瞳、大きめの黒のТシャツにハーフパンツ。月長石ムーンストーンのペンダントを首から下げている。

 裸足に踵を踏み潰した白いスニーカーを履いた姿は一見、少年のようだが、長い睫毛まつげと色白で線の細い姿はボーイッシュな少女の様にも見える。

 年の頃は15.6歳くらいだろうか。


 膝の上には月白げっぱく色の本。


 さくは細い指先でポケットから古ぼけた万年筆と少しシワになってしまったメモ用紙を取り出した。

 暫くメモを見つめていたが、そのまま膝の上の本を開き、1ページ目に挟む。


 そして本と万年筆をベンチに置いたまま、立ち上がって公園を出て行った。


 月の無い夜の公園。

 街灯に照らされたベンチの上には一冊の本。


 本の横には古ぼけた万年筆が一緒に置いてあって、その本に挟まれたメモ用紙には濃紺ブルーブラックの文字で

☾【月白げっぱくの本】1ページだけを、あなたの自由にお使いください。つむがれた夢の欠片かけらは差し上げます ☽


 と、あった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます