第27話 執筆者の感想②古川奏さん

続いて古川奏さんからいただいた感想です。


=======


1.自分の書いた部分の感想(良かったところ、悪かったところ)


  良くも悪くも「うぬぬ……」です。達成感はありますが、悔しい思いが強いです。


2.他の執筆者の書いた部分の感想


 薮坂さんは空中戦の臨場感がすごくて第1話から超かっこよかったです。アルバ、フォッカのキャラ造形が好き。また薮坂さんの戦闘機物読みたい!


 wazzさんは独自の固有名詞が楽しく、予想外の展開にはらはらさせられました。フランをダラックマに入れてくれて嬉しかった!すごくアイディアマン!頭ん中見てみたい!


 西井さんがフランを僕っ娘にしてくれて可愛さ300倍に。さすが!ツルゲネフとアルバのやりとりは、あ~西井さんの文章!って感じの深い心理描写と会話劇、読み応えがありました。


 蜜柑さんはこの展開の中で参加してくれたことが嬉しかったです。すごい勇気!アルバがまた飛ぶ展開になったことにびっくりさせられました。推進力すごい!文章が綺麗で羨ましい!


 ゆうすけさんはさすが経験値高いだけあって怒涛の回収劇には鬼気迫るものを感じました。鼻血5000L出ました。主催者としての貫禄を見せつけてくれましたね。ハゲたのはご愁傷さまです。


3.全体の感想


 リレー小説初参戦でしたが、他の方の書いた部分が他の方によって広がっていくところが楽しかったです。皆さん文章がお上手なのはもちろん、伏線やネタを拾いつつ広げつつ、ストーリーを展開させていく技術に毎話すごいなすごいなと唸らされっぱなしでした。みんな天才!


 素晴らしいガチシリアス戦闘機SFに携わることができて本当に嬉しかったです。己の未熟さを知ることもでき、書くための力をたくさんもらいました。読んでくださった方々にも感謝。


 貴重な体験、ありがとうございました!またいつか ٩(´ω`)و


======


 いやあ、古川さんは薮坂さんの後ろという危険なポジションを2回もしのいでくれましたからね。しかもしっかりと足場を固めて次に渡してくれましたし。実質的にこのアフィシオンは薮坂さんと古川さんのお二人が作品の方向性を決めたものと思っています。


 これが古川さん→薮坂さんの順番だったら、絶対ガチシリアスSFにはなっていませんでした。ラブコメかシュールな話になっていたと思います。こういうところがリレー小説の面白いところです。


 しかしウザスと三姉妹という物語のキーとなった人物を出したのは、古川さんの大手柄です。誇るべきですよ、これは。でも鼻血5000リットルは出しすぎです。


 お疲れさまでした!次回も是非ご参加ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます