第七夜


 冬を越え、春が訪れる。

 街に桜が咲き、散りゆく季節。

 四月がやってきた。


 夜、


 二人の吐息が混じり合い、交じり合う。

 彼女の白い肌は薄桃色に染まり、私の愛を受け入れる。あたたかい、あたたかい、


 未来は、まだ、生きている。



 ことを終えた私と未来は、ありのままの姿で向き合い、おやすみの口づけを交わす。


「プル……未来みくはね、幸せだよ。だって、さいごにプルに愛してもらえたから……わすれさせて、くれたから……」


「未来、最期だなんて……」


「プル、明日の夜は、もう……」


「未来、やっぱり私が消え——」


 その先の言葉は、彼女の唇に遮られた。


 明日は四月の末日、



 プルプルギスの夜を発動させる日。



 世界を滅亡させる為の、術式を発動させる日。この日を逃すと、好機は二度とない。

 ひとたび発動に成功すれば、数分で街は死都と化し、数時間で国は滅ぶ。未曾有の天変地異が同時に世界を襲い、破壊する。


 一週間もしないうちに、世界は清浄化され、


 死に至る。




「んっ、み、く……」


 未来が私の唇を離してくれない。その先の言葉を、言わせてくれない。


 彼女は、死にたがっている。


 私の消えた世界で、生きながらえるのを拒んでいる。二年前、あの日、あの時、

 私が未来の手を取った所為で、決別したい世界と生きることを強要した。


 彼女の望みは、死——


 明日、私は滅亡術式、


『プルプルギスの夜』を発動させる。



「約束よ……私が未来を、自由にしてあげる」


「……ありがと、プル。大好きだよ」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます