第五夜


 七月半ば、——梅雨も明け、カラリした夏が訪れる。蝉も鳴き始めた。


 私は仕事の帰りに、術式を施す。

 今回は一人で。未来は家で伸びているから。

 こうして各地に滅亡術式を施し、約一年かけて下準備をする。私が初めてここに来た時は、これを一人で全てこなしていた。


 そして、廃ビルの屋上に仕掛けておいた発動用の術式を起動させるため、向かったその場所で、


 ピピピーヒャラポン、ポン!


 あ、未来からのメール。

『アイスーー』の一言。

 仕方ないわね、帰りにアイスを——


 ピピピーヒャラポン、ポン!


『アイステル、なんちって』

 これが、俗に言う親父ギャグ、ね。親父に言われるのと、未来に言われるのとでは、天地の差だけれど。

 私は、五文字で返信した。

『ワタシモヨ』——


 帰ったあと、未来と一緒にアイスを食べた。

 身体が芯から冷えていくのがわかる。未来は頬にクリームをつけて嬉しそうに笑う。

 私は、ソレを吸いとる。未来は細い身体を弾ませて頬を赤らめた。あぁ、かわいい。


 アイスより、私は貴女を、


 私は貴女を、失いたく、ないな——



 それは、叶わない望み。

 私にはもう、後がないから。来年、失敗すれば、私は消えてしまうから。

 滅亡の概念、消却の魔女として生まれた私が、失敗を許されるのは二度まで。


 三度目は、自らの消却を意味する。


 それは同時に、未来のいる世界を、殺さない選択でもある。この、腐った世界を、


 生かす選択……私はあの子を、世界を殺せるのだろうか。私は——

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます