第三夜


 今日も私は、働き、日銭を稼ぐ。

 そうしなくては、生きていけない世界だから。


 この世界は、本当に忙しなく、息苦しい。

 キラキラとした表面の皮をめくると、その裏には深い、深い、闇が広がっている。

 そして誰もが、その闇を恐れ、ハリボテの世界にすがり生きる。それはまるで、活きていない。


 だから、私が来たのね。


 間引かれるべき世界。その使命を負った、魔女。


 私の名は、————



「プル? どうかしたの?」



 未来……びっくりした。

 だって、突然私の顔を覗き込んでくるんだから。

 幼い顔立ちのわりに、色気のある肉厚な唇が、私の射程圏内で無防備に帆を描く。


 ——そっと、触れてみる。


 とても柔らかで、甘い味がした。きっと、冷蔵庫に隠していた私の大好物、プリンを滑り込ませたのだろう。でも、許す。

 未来の身体の力が抜けた。私に、身を委ねている。かわいいな。夕飯の支度どころじゃないよ。


 息継ぎのため、唇を離す。


「プル、まだ明るいよ」


「すぐに、暗くなるわ」


 そうだ。明日はお休み。

 未来を連れて、あのテーマパークに行こう。


 来年、この世界を滅ぼすための、



 ——滅亡術式を施すために。



 忘れてはいけない。

 私の使命、私の役割、私が為すべきことは、世界の選別と間引きであることを。


 おやすみ、未来。今度こそ、貴女を楽にしてあげる。だから、もう少し我慢してね。


「プルの身体、柔らかくて気持ちいいな」


「プルプルギスだから」


「だから、プルプルなんだね」


 今は、私の胸でおやすみ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます