第二夜


 日中は、仕事で家をあける。

 昨日、お別れをしたはずの日常、——何食わぬ顔で繰り返す日常、消えていたはずの日常、



 私はスーパーで買い物をした。食材の買い足しだ。

 もう、来ることはないと思っていたスーパー。鮮魚コーナーのおじさんが、私に声をかけてきた。


 結局、お造りを二パック、購入した。

 私は生の魚はあまり好きじゃないけれど、未来の大好物だから、——だから、購入した。



 玄関を開けると、未来が制服を着て大の字で眠っている。白と紺のシンプルなセーラー服姿。


「未来、学校に行って来たの?」


「頑張ってみたけど、このザマだよ」


 女の子なのに、だらしない格好。頭がこちらを向いているのがせめてもの救い。

 でも、私は窓側に映る、そちら側も嫌いじゃないわ。無理しなくていい、行きたくなければ、私の隣で生きていればいい。


「そう。未来の好きなお造り買ってきたよ。スーパーのお魚屋さんの押しに負けちゃって」


「わーい、やったぁ! お魚屋さんの鉢巻き親父、グッジョブ!」


 かわいい子。お造り一つでこんなにはしゃいで。


 何故、この子は、——未来みく未来みらいを拒むのだろう?

 何故、あの日、あの夜、私は未来の手を取ったのだろう?


 助ける意味なんて、無かったはずなのに。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます