雨の日に、また、1人

作者 三石 警太