坂出の少女 25

僕の目からは、一筋の涙がこぼれ落ちた。


僕は一体何のため、坂出にやって来たのだろう?


別れなければならないという事が、わかっているにもかかわらず、僕は彼女に会いに来た。


別れを完成させるために、会わなければならないという皮肉な事実に、僕は悲しみを覚えていた。


もう二度と彼女に会うことはないだろう。


あたりは夜のとばりが降りて、僕を優しく包んでいた。

終わり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

坂出の少女 ミッソー @mittsoo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る