Ao-neko でんりょく株式会社

作者 杉浦ヒナタ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第5話 ネコ電気は永遠にへのコメント

    とても可愛かったです。
    いやされました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    ちなみにこれから、ネコ発電には最適な季節になってきます。
    空気の乾燥と静電気⚡には気をつけましょう。(笑)

    2019年12月6日 20:01

  • 第2話 青ネコはやはり猫だものへのコメント

    ネコ好きにはたまらないエネルギーです!ほのぼのでまったりで、少し不思議に見えつつもさり気なく愛護問題などの現実的な要素が入っているのがとてもバランスが良くてすごいなあと思いました。

    作者からの返信

    応援コメントと、レビューまでいただきありがとうございます。

    ややマニアックな話なので、読んでくれる人も少ないだろうな、と思っていましたが、こんなに気に入って いただけて凄く嬉しいです。 >^_^<


    2019年8月8日 06:35

  • 第2話 青ネコはやはり猫だものへのコメント

    さっそくの続き嬉しいです。
    そして発電方法が人力による猫じゃらしというのがほのぼのしていて良いですね~。
    これならネコ好きがボランティアでやってくれるかも?(笑)

    作者からの返信

    人力は最終手段ですよね。(笑)
    でも、ネコに埋もれるというのはやってみたいかもしれません。

    この発電施設、じつはネコが動き回る際の振動を利用した発電とか、排泄物によるバイオマス発電とか、いろいろ複合的にやっているらしいですよ。


    2019年7月21日 20:57

  • 第1話 送電線に青ネコは集うへのコメント

    ネコ電気いいですね! 発想が素晴らしいですしなごみます。
    さらに単なるネコを使った発電というだけでなく、ネコ電気事体にまるで意志があるような予想外の動きをするというところがおもしろい。
    それがどうしてなのか書いてもらわないといけませんね(笑)
    ということで是非続きをお願いします。

    作者からの返信

    これは嬉しいです。
    小さいけれど、この会社にはいろいろな部署の社員がいます。凪瀬くんたちのようなオペレーターの他に、現場で設備の点検をしたりとか、もちろんネコの飼育担当とか、獣医さんもです。
    そんな人の話も書いていけたらいいかな、とは思っています。

    ただその前に、他の小説を完結させないといけませんが。

    2019年7月18日 21:02