別れ 11

二人は女子寮の前にいた。


彼女は、僕の顔を見つめて言った。


「キスしてもいいわよ」


僕は一瞬どうしようかと迷い、ほとんど彼女を抱き寄せようとしたが、思いとどまった。


彼女は心からそう言っているということは、目の色でわかった。


「やめとくよ」


彼女は、一瞬僕を見つめた。


「口紅が取れてしまうよ」


彼女は、さよならと言うと、小走りに門の中へ消えて行った。


僕は、彼女の瞳にキラリと光るものを見逃さなかった。

終わり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

別れ ミッソー @mittsoo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る