岡山の少女 17

僕はどうして、こう不幸な目にあうのだろう。


まるで不幸というものは、自分のためにあると言わんばかりじゃないか。


彼女を失った今、僕はこれからどうして生きていけばいいんだ。


今はじめて、人が恋愛のために死ぬという気持ちを、はっきりと理解できた。


ある恐ろしい考えが、僕の脳裏をよぎった。


だが、と僕は考えた。


彼女をこれ以上苦しめて、一体何になるというのだ。


僕は無言でハンドルを握った。


車はうなり声を上げながら、前方の暗闇を引き裂いて、凶暴に突き進んだ。

終わり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

岡山の少女 ミッソー @mittsoo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る