松江の女 2

宍道湖は赤く燃えていた。


二人の心も夕日の色に溶け合っていた。


「明子さんは、松江は初めてですか?」


「ええ。ショーが終わったら、松江市内を案内してくれる?」


「いいよ。時間があれば出雲へも行って見たいね」


「私も行きたい」


彼女は無邪気に言った。


このファッションショーのスタッフは総勢7名だった。


全員、玉造温泉に宿泊する予定である。


モデルは明子の他にもう一人来ていた。


他のスタッフはもう一台の車で、先に出発していた。


「明子さんはモデルの仕事をして、どのくらいですか?」


「2年になるわ」


「そうか。いろいろな所へ行くんでしょうね」


「ええ。でも私の事務所は小さいから、あまり遠方には行かないの」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る