第98話【前日】

あれから日が経ち6月9日、日曜日、午前10時頃。

告白の答えをする前日になった。


「明日か、学校の帰りにでもどっかに行って告白の返事するか。

夜に連絡するとしてそれまでどっか行く場所を探さないとな」


俺は、ベッドに座り携帯で俺達の行動範囲でロマンチックな場所はないかと探す。


「なかなかピンとくるところが見つからないなぁー。

世の中のイケメン達はどうやって場所を探してるんだろうな?」


ベッドで調べ始めて早2時間見つからさ過ぎてダレてきていた。


「お兄ちゃん、昼ごはんできたよ!」


「はーい!

とりあえず、昼飯食うか。

カエデや母さんの意見も聞いてみてもいいかもしれないな」


俺は、そう思いながら1階に降りた。


◇◆◇◆


昼飯のチャーハンを食べ終わり、リビングで少し休憩をしていた。


「ねえ、あんた明日、沙耶ちゃんに告白の返事する日でしょ?

ちゃんと場所とか考えてるんでしょうね?」


「今探してるんだけどいい所が全然見つからないんだよね。

何かいい所ない?」


「あんたは本当に」


「お兄ちゃん、今頃そんなこと言ってんの?」


母さんとカエデは頭を抱えてしまう。


わかってるよ。

ダメだってことは。

でもね、間に合ったら別にいいかなって思ってしまうものなんですよ。


Prrrrrr!


「母さん携帯鳴ってるよ」


「取ってー」


「はいよー」


俺は机の上に置いてあった母さんの携帯を取って渡す。


「はい、もしもし。

あ、沙耶ちゃん!

うん。

あ、ちょっと待ってね」


そう言って母さんはリビングを出ていった。


「何で母さんが沙耶と連絡先交換してんだよ」


「ん?

知らなかったの?

たまに電話してる時あるよ」


「え!?

まじ?」


「うん、私もメッセージのやり取りとかしてるし」


そう言ってカエデがトーク履歴を見せてくる。


「マジじゃん。

君たち、沙耶と仲良過ぎない?

ワンチャン俺よりいいんじゃない?」


「いや、それはないよ。

トークの内容も大体お兄ちゃんのことだし」


「お、おう」


「何照れてんの、キモイー」


「おい、兄にキモイって言うな!

結構傷つくんだそ!」


「あー、はいはい。

ごめんねー。

お兄ちゃん、大好きだよー」


「あんた達、何頭のおかしい会話をしてんのよ」


沙耶との電話を終えたのか母さんがリビングに戻ってきた。


「あ、母さん。

沙耶なんか言ってた?」


「沙耶ちゃんが明日、あんたと行きたいところがあるから送り迎えお願いしてもいいですかって。

後であんたにも何かしらの連絡を入れるって」


「わかった」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます