第36話【高級焼肉屋】

話しがまとまったところで俺達は、その高級焼肉屋に入る。


「申し訳ありませんが予約などはして頂いていますでしょうか?」


制服を完璧に着こなした、とても美人のウエイトレスさんがそう聞いてくる。


やっぱりこんな高そうなお店になると、完全予約制だったり、一見さんお断りだったりするのだろうか?


「予約していた佐藤です」


「佐藤様でしたか。

お待ちしておりした。

御席の準備が出来ておりますのでこちらへどうぞ」


母さんはちゃんと予約をとっていたようで、ウエイトレスさんに名前を言うと席に案内してくれた。


俺達の席は個室になっていてとてもいい雰囲気だった。


俺達が席に座ると、簡単にメニューの説明をしてくれて、「ご注文が決まりましたらお呼びください」と言いウエイトレスさんが下がって行った。


「外装だけじゃなく内装も綺麗だね」


カエデが周りをキョロキョロしながら言う。


田舎者みたいだからやめなさい!


「そうでしょ!

ここ私のお気に入りなのよ」


あれ?

お気に入り?

ってことは何回も来てるってことだよね?

俺とカエデは家族なのに一回も来たことないし、母さんが来てたことも知らないんだけど。


「母さん、お気に入りってどういうこと?」


「あ!

しまった!」


母さんがやってしまったって顔をする。


「これは、許されないことだと思うんだよね?

なぁ、カエデよ」


「おうよ!

どう落とし前つけんだ?

んん!?」


カエデよ、お前何故ヤクザ口調になるんだ?


「いや、これで二回目よ!」


これは嘘ついてるな。

何となくそんな気がする。


「本当は?」


俺が満面の笑みで聞く。


「さ、三回目です」


母さんが恐る恐る答える。


お、これは本当っぽい。

けど念の為もう一回聞いとくか。


「ほ、ん、と、う、は?」


次は威圧感を増すために区切って言ってみた。


「本当です。

本当に三回目何です」


「今回は、許すけど。

こんな事がないように頼むよ。

いいだろカエデ?」


「アニキがそう言うならアタイもそれでいいですぜ」


お前はいつまでヤクザのモノマネやってるつもりだ?


「はいはい。

遊びはここまでにして頼みましょう」


母さんがそう言ってメニューを開ける。


「うわぁ〜。

凄い!」


メニューを見た沙耶は目をキラキラさせながらそう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます