もう一度、君に。

作者 秋月創苑

50

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初、どういう話なのかなと思って軽く読んでいたら、だんだんと引き込まれていきました。

親や友達、動物、いや場所でも時でさえも、人間は大事なものを失うと思わず、涙がこぼれそうになります。でもそれは、本当に大事だったからこそ、出るんでしょうね。

ところどころキーがなくなったキーボード。
それは、思い出が詰まったかけがえのない宝物。

読み終わった後、僕の中にも、大事な思い出がたくさん浮かんできました。
いいものを読ませていただき、ありがとうございました。