勇者を否定されて追放されたため使いどころを失った、勇者の証しの無駄遣い

作者 網野 ホウ

494

196人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

長文を書き続ける根気と世界設定など、いい所は沢山ある。
しかし問題も大きい。
端的に言って文章として怪しい。分かり辛いし、読み辛い。
知人との会話中に唐突に相手を強く否定する言葉が飛び出して、いきなり何⁉ とか思うが、即別の話が始まり、それが終わってようやく否定の理由に戻る……
後から直るのかもしれないけど、少なくとも最初はそんな調子です。
また主人公が他者に対し非常識に失礼な人格をしています。
頼み事をして、気のいい相手が働いてくれた上で、お前の名前覚える気ねーからと言い捨てるレベルです。
それが呑めるならオススメ。

★★★ Excellent!!!

冒険が刺激的で日常が退屈って誰が決めたんだろうね。

主人公アラタは自分の人生を生きる事に「覚悟」を決めた男だ。その覚悟を持ち生き続けるそれだけの事が案外難しい。不器用であるとか世間慣れしてないとかもあるのだろうが、異世界から来たとかが意味を成さないぐらい彼は「異質」なのではないかと愚考する。

人間、ピンチになるとやたら手足をバタつかせたくなるものだが、危機において死地に飛び込むのではなく、そうした時にゆっくり歩を進めやるべきことを粛々とこなし、日常を生き続けるのも勇気ではあるのだなぁ。