第25話 看病イベントと先輩

 

「ヘックショーン! ズズズ」


「ヘクチ! ズピ」


 体育祭が終わった一週間後の夜。私たちは同時にくしゃみをした。そして、鼻をすする。大きな音で格好悪いくしゃみと可愛らしいくしゃみ。

 私の身体がフルフルと震えだす。理不尽だ。理不尽すぎる。


「どうした後輩ちゃん? 体調悪いのか? 身体が震えてるぞ」


「違います。世の中の理不尽について怒っているだけです」


「なんだそれ」


 どうでもいいような先輩の態度で私の怒りが頂点に達する。私は先輩をキッと睨みつけた。


「理不尽です! どうして先輩のくしゃみが可愛いんですか! 何ですか”ヘクチ”って! ”ヘクチ”って何ですかぁ! 女の子よりも可愛いくしゃみじゃないですか! それに鼻をすする音が”ズピ”ですか!? なんで可愛いんですかぁ! 理不尽ですよ乙女先輩!」


「そう言われても……って乙女先輩ってなんだよ!」


「私よりも乙女じゃないですか! 私よりも先輩のほうがヒロインに向いています!」


「そう言われても……ハクチ! ズピ」


 先輩がまた可愛らしいくしゃみをした。理不尽だ。理不尽すぎる。今度は”ハクチ”ですか。そうですかそうですか。女の子に喧嘩を売っていますね。


「風邪でも引いたかな?」


「昨日私と一晩中激しい運動をしていたからですよ」


「そうだな。激しく携帯ゲーム機で遊んでいたからだな」


「私はベッドの上で夜の運動会でもいいんですよ?」


 私が誘うように先輩を誘惑するけど、先輩は全く表情を変えずに私の頭にチョップしてきた。


「変なこと言ってないでさっさと寝るか」


「チッ! そうですね。さっさと寝ましょう」


 私と先輩は一緒にベッドに向かう。そう。私たちは一緒に寝ているのだ! 先輩は何もしてこないけど。このヘタレ! 本当に襲ってやろうかな。

 結局私は何もせず、先輩に抱きついて眠った。


 ▼▼▼


 翌朝。思いっきり風邪を引いた………………先輩が。

 喉は痛み、熱が出て、声を出すのも辛そうだ。隣で寝ていた私はピンピンしている。


「すまんごうはいぢゃん………………ご飯作れそうにない。ズピッ」


 風邪で辛いはずなのに私の心配をしてくれる。先輩はとても優しい。


「気にしないでください。適当に済ませますよ。今日は学校を休まないとだめですね」


 今日は月曜日なのだ。先輩が休むなら私も休もうっと。先輩の看病をしないといけないからね。


「流石乙女の先輩。ヒロインが風邪をひく場面なのに先輩が風邪をひくとは。私が治るまで看病してあげましょう!」


 何故か先輩の顔が真っ青になる。これって風邪の影響じゃないよね? 何で嫌そうな顔なの?


「なんで嫌そうなんですか?」


「ズピッ…だっでごうはいぢゃん…家事能力皆無だから…ズピッ」


「失礼な! 私だってやるときはやるんです!」


 先輩に体温計を渡して体温を測ってもらう。38.3度か。少し熱が高い。インフルじゃないよね? 取り敢えず氷枕を用意して、冷却ジェルシートを先輩のおでこに貼る。


「よし! 先輩は食欲ありますか?」


「ズピッ……ないです」


「わかりました。先輩は大人しく寝てください」


 私が先輩の頭を撫でていたら、あっさりと寝ちゃった。ここまで寝つきがいいとは。この隙に学校に連絡して、お買い物を済ませないと!



 急いでお買い物を終わらせてきた。買ったのはプリンやゼリー、スポーツドリンクなどなど。ついでに私の三回の食事も。これで準備万端。

 掃除洗濯などいつも先輩がしていることを当然私はしない! したら先輩に迷惑をかけるから! だから大人しく先輩の様子を眺めるだけにする。

 先輩の汗を拭ったり、氷枕を変えたり、時々起きる先輩をトイレに付き添ったりした。当然トイレの中には入らない。ドアの前で待機するだけ。

 あっという間にお昼を過ぎた。先輩の寝顔は辛そうだけど見ていて飽きない。ずっと眺めていた。

 寝ていた先輩が目を開ける。


「………後輩ちゃん?」


「おはようございます先輩。可愛い可愛い後輩ちゃんですよ」


「……そうだな」


「あら? 先輩が否定しません。まだ熱がありますね。はいはーい。お熱を測りますよ~!」


 ふむふむ。37.8度。少し下がったみたい。でもまだ熱がある。


「先輩。食欲ありますか?」


「………少し」


「お粥食べます?」


「………………食べたいけど、後輩ちゃん作れるの?」


「まっかせてください! ちょっと待っててくださいね」


 私はお粥を作るためにキッチンに向かった。すぐに出来上がり、先輩に届ける。私が近づくたびに先輩の顔が強張っていく。


「はいどーぞ」


 ゴクリと先輩が喉を鳴らして恐る恐る私の持ってきたお粥を見る。そして、驚きで目を見開く。


「なっ! なんだとっ! 見た目が普通のお粥だと! 後輩ちゃんが料理できるはずがない! いや待て。こういう場合は見た目は美味しそうでも不味いはず……」


「失礼ですね。自分で食べないなら私があ~んしてあげます。それとも口移しがいいですか?」


「………………あ~んでお願いします」


 ふむ。今結構悩みましたね。いつか口移しをやってみようかな。私は先輩の要望通りにあ~んしてあげる。お粥を一口食べた先輩は驚愕する。だからなんでそんなに驚くのですか!


「………美味しい。後輩ちゃんが作った料理が美味しいだと!? これは夢だな」


「本当に失礼な人ですね。私でもレンジは使えるんですから!」


「………レンジ?」


「はい。レトルトのお粥です。レンジでチンすると完成するお粥です。最後に冷蔵庫の中にあった梅干しを乗せればこの通り!」


 いやぁ便利ですね電子レンジ。私は何とか使うことができる。先輩が私とお粥を何度も何度も交互に見て納得の表情を浮かべる。


「なるほど! あぁ~安心した」


「もう! 料理の腕は私が一番わかっているんですからしませんよ。一人で料理したら火事になります!」


 どやぁ。私は胸を張って自慢げに言った。私は家事が一切できないのだ! 目玉焼きが紫色になったり、ゆで卵が緑色になるのはなぜでしょうね。ただ焼いたり茹でたりするだけなのに。Let's poison cooking!


「……自慢するところじゃないと思うぞ」


 ジト目を向ける先輩を輝く笑顔で華麗に躱す。いいんですよ。料理は先輩にお願いしてるから。私はもう諦めてる。

 先輩はお粥を三分の一とプリンを半分、スポーツドリンクを飲んで横になった。


「………ありがとな葉月」


「いいんですよ。たまにはゆっくりしてください。先週も私は先輩に助けられたので。私のほうこそいつもありがとうございます」


 私は前に先輩にされたように、先輩のおでこに優しくキスをした。先輩の身体が真っ赤になる。熱が上がったみたい。あたふたと恥ずかしそうに慌てている先輩は物凄く可愛かった。

 ちなみに、試しに体温を測ったら39度を超えていた。

 先輩、熱を上げちゃってごめんなさい。でも、可愛かったですよ♡

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます