ンガポコ。

作者 宵待なつこ

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 1話を読むと、ちょっとヘンテコな日常コメディ? と思うかもしれません。半分正解です。

 読み進めていくと、おかしみのある語りの中に、ちょっと不穏な影が。身に覚えがあるなと思いながら読んでいくと、なんと、未知との遭遇。ここから展開される会話劇は、神林長平あたりが好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

 独特な物語ですが、一貫して描かれているのは少女の成長です。
 だれもが抱えているけれど、だれもが直視できない問題。主人公はどう向かい合っていくのか。ぜひ、その目で確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

普段執筆をされている書き手の方が読めば、作品に対する見方・考え方を見つめ直したくなるかもしれない……!
読み専の方が読めば、理想の『物語』をご自身の手で書きたくなるかもしれない……!

小説やアニメ、ドラマや映画や舞台。
創造が形になり、他人の目に触れることとなった『物語』には、創造主である作者の様々なメッセージが含まれていますが、『物語』に何を乗せて何を込めることが正しいのか、それは誰にもわかりません。というより決められません。
読み手の捉え方によってメッセージの形は変わり、伝わるか伝わらないか、残るか残らないかは、受信する側のアンテナによって変わります。
ただ、人からより多くの感情を引き出し、より多くの心を動かせた作品は良い作品だと言えると思います。
そしてそんな作品がこの小説の世界にもっと増えていけばいいなぁ、と思います^^

タイトルにもなっている〝ンガポコ〟。
その存在はこの作品のメッセージを形にする上で必要不可欠ですが、最後の辺りは作者の方も悩まれたんじゃないかなぁと思ったり。
本当に難しいんですよね、自分だけの力で誰かの気持ちを動かすって。
でも、自分の意思に反していることでも、それで救える人がいるのなら、それで誰かを早く救うことができるのなら、間違った選択ではないです。
ンガポコと熱い握手を交わそう! 助け合えたことも大切なんだ! お千代ちゃん頑張ったねぇ(●´ω`●)←うるせぇ

個人的に、自分が書いている作品にも似た主張やテーマがあり、読んでいて嬉しく思いました。
ずっとニヤけながら読んでいた自分はさぞかし気持ち悪かったでしょう( ´∀` )笑

自主企画にご参加いただきありがとうございました!!
この作品と作者様に出会えてよかったです!!☆