24.男は顔じゃない

所変わって、ダンクのパーティーは現在一つの迷宮攻略に勤しんでいた。その中でも、新人のコタローは必死に前に出て活躍していた。


「これで……!どうだぁ〜……!!」


コタローの剣が魔物に致命的な一撃を与え、見事に魔物を撃退する。コタローはその瞬間「よしっ!」と言ってガッツポーズする。


「やっな!コタロー!お前の勝利だぜ!」


「ありがとうございます!先輩達があの魔物を弱めてくれたおかげです!」


「謙遜すんなよ!お前の実力さ!誇れ!誇れ!」


ダンクパーティーの冒険者達がコタローを囲い、コタローの事を賞賛する。その様子をダンクは離れた所から見ていた。


「リーダーの連れてきた新人。なかなかいい働きをしますね」


そう言ってダンクの横に立ったのは、メガネをかけた知的秘書風な美人。マリエ・ウェイパー。職業は魔導師で、種族は人間である。


「ニャハハハ!流石はリーダーニャ!リーダーの目利きは確かだニャ!」


そう言ってマリエとは反対側なダンクの横に立ったのは、キリエ・ファナスタ。職業は武道家で、種族は猫族の獣人である。

ダンクのパーティーは、ダンクが牛族の獣人である事から半分獣人。半分人間と言った構成のパーティーである。


「目標とする人物がいるらしい。その為に頑張ってるようだ」


ダンクは2人に簡潔にそう述べた。


「私達も負けてられないね。なんせ、私達の本当のライバルはめちゃくちゃ高い壁だし」


「そうですね」


「けど、まずは目先のライバルから倒さないとね。負けないよ。サリー」


「私もです。今度は一歩を引くつもりはないですから。だから……コタロー君!今回復に行きますね!」


「ちょっ!?そういうポイント稼ぎはズルいしょ!!?」


今度はサリーとエリナがコタローを囲んでワイワイし出す。そんな3人を見てダンク冒険者の男性陣は


「チキショウ!?何でだ!?何でコタローばかりモテるんだ!?俺らだって活躍したのに!!?」


「コタローって何処にでもいそうな地味そうな少年なのになぁ〜……」


「男は顔じゃないって事だろう」


「じゃあ何で俺達はモテないんだぁ〜!!?」


と、モテない男性陣はそう嘆いていた。そんな男性陣を無視して、キリエがコタロー達を見てニヤニヤと笑い出す。


「ニャハハハ!あそこはだいぶ盛り上がってるニャ!私も参戦しようかニャ!」


「やめろ。これ以上事態をややこしくするな」


「ニャハ!リーダーってば嫉妬かニャ!?」


「俺は出来るだけパーティー内で揉め事を起こしてほしくないだけだ」


ダンクは軽く溜息をついてそう言った。すると、今度はマリエがキリエを睨みつけ


「そうですよ。キリエ。リーダーは風紀が乱れるのを嫌ってるんですから、少しは自重なさい」


「ニャハ!相変わらずマリエは固いニャ〜……そんなに固いと…………リーダーにその気持ちを気づいてもらえないニャよ?」


「んなぁ!!?」


キリエに耳打ちで言われた一言に、マリエは耳まで真っ赤にして驚く。


「ニャハ!気づいてないと思ったニャ?気づかないのは鈍感なリーダーだけニャ」


そう言ってキリエはケラケラ笑う。しかし、マリエもお返しとばかりにキリエに耳打ちをする。


「あなたも…………そうやって嫉妬心を煽るような遠回しなやり方ではリーダーの心は掴めませんよ?」


「ンニャあ!!?」


今度はキリエが耳まで真っ赤になった。


「私が気づいてないと思ったんですか?それこそ、気づいてないのは鈍感なリーダーだけですよ」


マリエは嘆息してそう言った。

そして、そのやりとりをずっと見ていたモテない男性陣達は……


「くそう!?何でミノさんばっかりうちのパーティーの綺麗どころ2人を独占するんだ!!?」


「ミノさんは牛族の獣人もあるとは言え、魔物のミノタウロスにそっくりなのになぁ〜……」


「男は顔じゃないって事だろう」


「だから何で俺達はモテないんだよぉ〜!!?」


ダンクのパーティーは今日もこんな感じで愉快に迷宮を攻略していくのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます