絶世の美少女がなぜか病弱な俺に惚れているのだが、んん…これは母性愛なのだろうか ?

作者 家井 たな菊

19

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?