ウンコ研究室

作者 ももも

第5話 ウンコとは」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 実に興味深いおはなしでした!

    作者からの返信

    最後までお読み頂きありがとうございます。
    もし興味がありましたら道端でウンコを見かけた際、是非つついて寄生虫がいないか調べると面白いです。回虫との初めての出会いはきっと忘れられない思い出となること間違いないです。

    2020年5月25日 21:53 編集済

  • うんちに愛称つけちゃう先人が愛らしいです。

    作者からの返信

    先人は昔から色んなものを可愛い愛称をつけていて、
    どこか親しみを覚えます。
    しゃもじもそうだと聞いていましたが、今回書くにいたって
    調べたときに「うんこ」もそうだったのかとかなり驚きました。

    応援コメントおよび星ありがとうございます!

    2019年10月6日 20:18

  • むむむ・・・正直、なんぞこの小説はと思って開いてみたら!
    日々ほとんど気にかけてないソレについてここまで詳しく書かれてるとはw

    動物のこともそうですが寄生虫の件、少し考えさせられますね~ 随分狡猾な生き方をしてるとは思うんですが、逆を言うとこういう方法じゃないと生存もできないんですから;

    ホラーの件でもそうですけど、貴方からも学べることがたくさんありそう、フォローさせてください♪

    作者からの返信

    くろかーたーさま
    いつもいつもお読みいただきありがとうございます。
    色々とジャンルを横断して何が得意なのか模索中の日々ですが、そんななかフォローまで頂き、大変励みになります。

    寄生虫の生き方は不思議です。
    どうしてそういう決して楽ではない生き方を選んでしまったのか。
    動物のウンコに紛れたところで、本来の宿主ではない動物にあたる方が可能性大。
    特に池に生息する寄生虫なんて、そこに宿主先の動物が来なければその場でジ・エンド。
    知れば知るほどどうしてこうなったのかのオンパレードです。
    寄生された側はちくしょうと思いますが、寄生するまでの彼らの苦労を思えばいたわる気持ちが自然にわき……あがらないですね。
    下痢は嫌です、はい。

    今のところ、好き勝手書いているものしかないですが、何か心に響くものがあれば非常に嬉しいです。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    2019年8月17日 20:38

  • 大変勉強になりました。ありがとうございました。あと最後は本当に上手いなあと思いました。
    吽置。

    作者からの返信

    (5000字ぐらいの短編を書く予定が全く文字数足りず連載ものになり、最後をどう終わらせようか悩み続け、ウンコ関連の本を読み漁ってようやく考えついたラストなんて言えないなぁ)

    応援コメントおよび星、ありがとうございます。
    こちらこそ、最後までお付き合い頂き大変感謝しております。
    吽置。

    2019年7月25日 20:34