じゃあ、ばいばい。

 私がどれだけ『貴方』を愛していても、『貴方』はもうどこにもいない。『貴方』は昨日、死んでしまった。


 毎日毎日、あの日の夢を見る。私には「ごめんなさい」と繰り返すことしか出来ないのに。もう、何もかも手遅れなのに……。


 誰かに押されて飛び込んだ道路。向かって来る車を見た瞬間に私を襲った衝撃。次に見えたのは、血だらけの『貴方』だった。


『貴方』が死んだのは、私のせい。


 悪夢のように、戒めのように、あの日の紅色が、あの日の『貴方』が__。

「やめてよ……」



 今日、『貴方』のクローンが作られた。目の前が真っ暗になった気がした。『貴方』が嫌ったクローンとして、『アナタ』が生まれてしまったのだから。


『貴方』は人間を、人間の命を軽んじるクローン作りが世界で一番嫌いだった。


 “蘇っても、親しかった人間が一番よくわかる筈だよ。「やっぱり違うんだ」って。”

 昔、『貴方』が言った言葉。


 私、どうすればいいのかなぁ。


 久し振りに『貴方』とよく遊んだ川のほとりに来た。『アナタ』に誘われて、ね。

『貴方』のことを思い出したら、少し涙が出てきた。隠そうとしても見つかってしまったみたい。

『アナタ』が慌てたように口を開く。この感じだと、『アナタ』も人に優しくするのが苦手なのね。


「なぜ泣いてるの?」


 ……やっぱり、『アナタ』は自分の死んだ時の記憶がないんだね。

 私が死んだら『アナタ』は気付いて私と同じことを繰り返すかもしれない。

 私と同じ苦しみを味わうことにもなると思う。

『貴方』が私を救った意味も、なくなってしまう。


 赦して欲しいとは言わない。

 分かって欲しいとも思わない。

 それでも私は……。


 河原にある大きな、私の4倍以上はあるであろう木の上に上る。

 懐かしいなぁ。

 あの日、ここで『貴方』と約束したこと。


 ……『私』は、『私』らしく生きられたのかしら。

 空を飛ぶようにゆっくりと、川へと身を投げる。

 1秒が何分にも感じられて、また『あの日』を思い出した。

 あぁ、走馬灯までこれだなんて笑えないわね。



 __よかっ、た。君が、無事で__


 __ねぇ、お願いが、あるんだ__


 __酷な願いだって分かってるんだけど__



 落ちながら、無理矢理に笑顔をつくる。

 本当に、今思いだしても酷いお願いよ。


 __君の、笑った顔が見たいんだ__


 あの日無理矢理に笑顔を作った私に呟いた、貴方の最期の言葉が聞こえた気がした。



「大好きよ、幸也ゆきや





 __大好きだよ、傘音かさね__




 最期にそんな顔で笑わないでよ、ばか。

 ……じゃあ、ばいばい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る