機械学習

東角美咲

機械学習

 新製品のモニターは割の良い仕事だ。私の登録している会社は主に最新のAI家電を扱っていて、便利なものを使える上に謝礼まで貰えて最高だ。今回は空気清浄機を使わせてもらえるとのこと。

「お届け物です」

 早速届いた。私はメールで届いた指示の通り、家の中で一番臭いの染み付いていそうな場所に空気清浄機を置いた。期間は一週間、いつものようにレビュー用の記録を残すとしよう。


 性能の良い空気清浄機のおかげで、私は快適な日々を過ごしている。

「強いニオイを感知、強力脱臭モードに入ります」

 なんとラーメンを食べただけでこのように反応するのだ。臭い源を学習する機能もあるらしい。これは有望な製品だ。私はレビューを書くためにパソコンを起動させた。


 ついでの仕事を終え、私は休憩を取ることにした。メールへの返信も済ませたし、何か軽食でもつまもうか。その時、空気清浄機が言った。

「臭い源、学習しました。排除します」

 あれ、私何か臭いのつよいものたべたっけかなああううおわわなにこれわたしのからだどうなって

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

機械学習 東角美咲 @nskadomsk

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画