140話 たこ焼きパーティー

 じゅー、じゅー。


 今はテスト週間の日曜日のお昼。リビングには俺、葵、そして同じくテスト週間に入っている鈴の3人。


「わわっ葵ちゃんうまいうまい!」


「これにはコツがあるんだよ」


 さて、俺たちが何をしているかというとたこ焼きパーティー真っ最中。テスト勉強しろと言う意見もあると思うが許して欲しい。


 ことの発端は鈴のなんか楽しいことをしたいって言う発言。今、俺の両親は葵のお母さんたちとどこかへ買い物に行ってしまった。


 鈴も行きたいって言ってたけどテスト週間ということで却下された。それで少しくらい何か楽しいことをしようと鈴が提案したのがこれ。


 家にあるホットプレートをたこ焼きが作れるあの丸いやつに取り替えて、タコだったりを細かく切って生地を作ればあとは焼くだけ。生地を流し入れてテレビで見たようにクルックルッとやれば良いだけのこと。


 そう思っていた…5分前までは…


 実際にやってみるとめっちゃめちゃ難しい。上手く丸くならないでなんかグチャグチャになる。俺は諦めて出来上がるのを待つことにした。


「はい、祐くん。出来たから食べてっ」


 俺の皿の上に置かれたたこ焼きはきれいな玉の形をしていてはっきり言って完璧。俺が唯一作ったやつはよく分からないものへと変化していた。


「それじゃ私は祐くんが作ったの食べるね」


「え?」


 葵はそう言うと形の崩れた俺のたこ焼き? をパクッと食べてしまった。


「はふっはふっ。熱いっ! はふっ。うんうん祐くん美味しいよ!」


 サムズアップしてそう言ってくれた。


「形があれだから私が教えてあげる。こういうのは作るのも楽しいからね」


 あぁ、葵が優しくて心の底から嬉しい。俺が葵の作ってくれたたこ焼きを食べた時、心が温かくなったのは葵の心が温かいからなのだろう。


「お兄ちゃん! 私が作ったのも食べてみて!」


 鈴が作ったのは葵と比べたら形は微妙だが、俺より断然に上手く出来ている。


「うん、鈴が作ったのもすごい美味しいよ」


「そう!? ならどんどん作っちゃうよ!」


 目をキラキラさせてそう言う鈴はとても楽しそう。


「それじゃ私たちも作ろっか」


 さっきと同様に生地を流し入れて固まってきたらよく分からん棒でクルッとする。


「よし、じゃあ祐くんも回してみよう」


 葵はおもむろに立ち上がりテーブルの真正面にいる俺の方へ。そして背中にピタッとくっついた。


「あ、葵?」


「ほらほら。こうした方がやり易いし分かりやすいでしょ?」


「ま、まぁそうだね」


 斜め前には鈴もいるのだがこれは教えてもらうためなのでセーフ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます