58話 いやな予感

 なんとか落ち着いた葵。まだまだ焼き肉の時間は終わらない。


「祐くん、あーん」


 大人しくなったけどめっちゃ甘えてくる葵。やっぱり親の前でこれは俺の精神をゴリゴリ削られているからやめたいけど、葵のこの嬉しそうな顔を見たら仕方ないなって思ってしまう。


「ほんと祐くんの焼いたお肉美味しいね。やっぱり愛情が入ってるからかな?」


 ほら、こんなセリフ言ってくるんだもん。もうやばいじゃん。


「そうだな。葵のは愛情、増し増しだからな」


「え!お兄ちゃん私のは!?」


 なんでここで鈴が入ってくるんだよ!と言う目線を送るとペロッと舌を出して言った。


「冗談だよ。お兄ちゃんしっかり私にも込めてくれてるもんね」


「ん、まぁそうだな」


 そんなこんなでこうやって楽しい時間を過ごしてもいずれは終わりが来るというもので。


「こういう時のアイスってまじでうまいよね。なんでだろ」


「やっぱり雰囲気とかなのかな?お皿とかもいい感じだよね」


「あねな〜。それあり得るな」


 お肉類を食べ終わった俺たちはデザートタイム。俺はやっぱりバニラアイス。葵も俺と同じやつにしたようだ。鈴は...まさかの塩キャベツをパリパリ食べてた。まじか鈴よ。


「やっぱり葵を任せられるのは祐輔くんしかいないんですよぉ〜」


「そうですよぉ。ぜひお願いしますぅ」


「それは嬉しいわぁ。祐輔喜びますぅ」


 横のテーブルに目を移すとお酒類を呑んで出来上がった大人が3人いた。うちの親父は運転があるから呑んでないっぽい。飲酒運転はダメだからね。ただ話す内容がねぇ。もっと他の内容があるでしょうが。


「親父。こっちは食べ終わっていつでも帰れるぞ」


「そうか。こっちもお開きだな。ちょっと母さんどうにかしてくれ」


「はいよ」



 ◆◆◆



「あー食べた食べた。やっぱり焼き肉って最高だ〜」


「私もお腹いっぱいだよ。明日まだ試合あるのに大丈夫かなぁ」


 帰りの車で家に向かってるところ。大人陣は寝てしまった。本当に大丈夫かな。


「鈴、良いもの見せて貰っちゃった。2人のイチャイチャもうこっちが恥ずかしいよ。お兄ちゃんのあんなの見たこと無かったしね。葵ちゃんも可愛かったよ」


「あああ!やめて鈴ちゃん!」


「まぁまぁ。でも明日決勝トーナメントなんだね。2人とも頑張ってよ!」


 そうだ。明日はまだ試合があるんだよな。この雰囲気からは考えれないけど。


「頑張るよ鈴ちゃん!でもそっか...」


 葵が感慨深い表情を浮かべる。何かあったのか?


「どうしたんだ葵?」


「祐くんと離れちゃったのも確かこの夏の県大会だもんね...小学生の部のね。ちょっとあの頃のこと思い出しちゃった」


 その時、急に心が締め付けられるように苦しくなった。でも理由が分からなかった。今の俺に不安要素なんてない。ならこの感じはなんなんだ。


「どうしたの祐くん?」


「え?あぁ、なんでもないよ。ちょっと食べ過ぎちゃっただけ」


「気をつけてよ祐くん。明日まだ試合あるんだからね」


 返事を返したが結局自分の胸に残った違和感は消えなかった。明日何か起こるなんてないよな?


 俺は横の葵を見ながらそう思った。



 こんにちは 九条けいです。更新が遅れてすみません。ただ今学校のテスト週間なので書く時間があまりありません。土日は更新しますが平日の更新は頻度が少なくなります。よろしくお願いします。


 いつも応援、コメントありがとうございます!レビュー、応援、コメントはとても励みになりますのでどうぞよろしくお願いします!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます