57話 かまってちゃん

「ほら鈴焼けたぞ」


「ありがとうお兄ちゃん!」


 特上カルビは親父がダメって言ったので結局のところ注文出来なかった。今焼いてるのはタン塩。俺めっちゃ好きやねん。


「鈴、どうだ?」


「美味しい!やっぱりお肉のお世話はお兄ちゃんに任せるの限るね」


「そうだろ〜。もっと食べろよ」


「うん!」


 また新しい肉を網に乗せていく。次はロースだな。


「次が焼けるまで待ってな」


「もちろん!お肉のためならいくらでも待つよ」


 そんなことを言いながら、鈴はもりもり肉を食べていく。鈴ってけっこう食べても太らないからすごいよな。その分スポーツで消費してるとか?


「んー!」


「どうしたんだ葵?」


 横にいる葵が拗ねた感じで俺に寄ってきた。


「どうして鈴ちゃんばっかり相手してるの!...私にも構ってよ...」


 ズキューン!形容するならそんな感じだろうか。今の一言で俺は葵に落とされてしまった。いや、もう落ちてるけど。


「お兄ちゃん、葵ちゃんヒューヒューだね。私までくらくらしちゃうよ」


「あんまり茶化さないで鈴ちゃん。私も言って恥ずかしいと思ってるところだから」


「いやいや、全然問題ないよ〜。お兄ちゃんも今の葵ちゃんで多分メロメロだよ」


「そうなの?祐くん」


「え?あ、どうだろうな」


 必死に誤魔化す。流石に妹の前でデレデレになった俺を見せるわけにはいかないから。でも鈴による追撃は止まらない。


「お兄ちゃん顔真っ赤だよ?口元もニヤけるの我慢してない?」


「い、いやそんなわけないぞ」


 そんなに指摘しなくても良いじゃんと思いつつもしっかり肉の管理はする。焦げたらそれは重罪だからね。焦げるのはダメだけどよく焼いたのが俺は好きだ。ステーキでいうヴェルダンだね。


「祐くん?」


 葵が上目遣いで俺を見つめてくる。やばいそんな目で見つめないでほしい。


「ほらほらお兄ちゃん素直になりなよ」


 俺は負けた。これはしょうがない。だって葵めっちゃかわいいんだもん。


「そうだよ今めっちゃ葵にドキドキしたよ!だってあれ可愛すぎるじゃん!俺どうすれば良いわけ?あれでニヤけるなってのが無理じゃん。だって俺葵のことめっちゃ好きだもん」


 あー言いたいこと言ったらスッキリした。さて、肉のほうはどうかなっと。


 あれ、周りが静かになったけどどうした?


「あらあらまぁまぁ、祐輔くんったら〜」


「祐輔も大胆になったなぁ。やっぱり俺の子だ」


 大人テーブルからなんとも言えない雰囲気を感じる。やばい思いっきりやってしまった。鈴だけじゃなくて親の前でここまでしてしまうとは。ふつう、こういうのは親の前ではしないと思う。横の葵に目を移すと真っ赤な顔をして下を向いていた。


「あ、葵?」


「祐くーん!嬉しいよぉ!」


 葵が抱きついてきた。ほんと今親の前です。


「葵ちゃん大胆だね」


「ちょっと鈴どうかにてくれ」


「これは鈴には無理だね。まぁお兄ちゃんが葵ちゃんに火をつけちゃったんだからちゃんとしてあげなよ」


 この後葵を鎮めるのにけっこう時間がかかった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます