53話 投手戦

 1回の裏。俺たちのチームの攻撃だ。先頭バッターの進が打席に入った。1球目はボール。2球目は変化球でストライク。進は手を出さずにじっくり球を観察してる。ベンチから見るとそんなに球も速くないし、進なら打ってくれるだろう。と思ったんだが結果はセカンドゴロ。...まぁどんな人でも絶対に打てるわけじゃないしね。


 ベンチに戻ってきた進がとても悔しそうな顔をしていた。


「どうだった?」


 比呂が声を掛ける。こうやって相手ピッチャーの情報をみんなに伝えるのも大切なことだ。


「そうだな、まずスピードはそんなにない。変化球も普通。祐輔の方が何倍もすごいぞ。でも...あいつの球はちょっと動くことがあるな。俺もそのせいでやられたよ」


「なるほど。球が動くのか...それは厄介だな」


「あ。ごめん俺たちもアウトになったからスリーアウトチェンジです」


「「「はやいわ!」」」


 まさかの2人とも瞬殺だったらしい。俺はグローブを持ってベンチを出た。


「祐くん、次も頼むよ!」


「おう!」



 ◆◆◆



 試合はそのまま投手戦になった。お互いにスコアボードに0を並べていく。


 試合が動いたのは5回の表。ツーベースヒットを打たれてツーアウトながらランナー2塁のピンチ。ヒットをまた打たれたら重い先制点が相手に入ってしまう。


 でもこの緊張感がたまらなく楽しい。俺は後ろで守ってくれるみんなを信じて、そして俺の正面にいる葵に向かって渾身のボールを投げる。


 初球はストレートが外れてボール。


(次はカーブでいいよね)


 葵とサインを交わしボールを投げる。ストライク。


 3球目はストレートをファールにされてこれでワンボール、ツーストライク。


(焦っちゃダメだよ。私たちの方が有利なんだから)


 俺は葵のサインにうなずきボールを投げる。インコースのストレート。コースも低めで完璧。これなら!


 ギンッ


 鈍い音がなる。打った打球は完全に詰まっている。


 良し!そう思った。しかし打球はフラフラとセカンドの頭を超えそうになる。このまま打球が落ちたら相手に得点が入るのは確実だ。セカンドの宗一郎が追いかけるが間に合いそうにない。俺は失点を覚悟した。


 セカンドが追っても間に合わない、そう思っていたがセンターの幸平がダッシュで走ってギリギリのところでスライディングキャッチ。そのグローブにはしっかりボールが収まっていた。ファインプレーだ!


 俺はグローブを上に挙げて拍手した。センターから幸平が駆け足でベンチの方へと来る。その顔は超笑顔でとても嬉しそうだった。


 幸平にグローブを出す。幸平もニヤッとした後グローブを出した。パンっと乾いたグローブ同士の音が鳴った。


「ナイスキャッチ!」


「まぁ俺の実力だよな」


 俺たちはそんな話をしながらベンチに入っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます