31話 野球観戦に行こう(4)

 俺たちはご飯を買って席に戻った。俺が買ったのは選手プロデュースのカツ丼。葵はロコモコ丼だった。あとフライドポテトももちろん買った。これで準備は完璧。


 食べ終わってゴミを捨てたあと1度葵と離れる。葵は席に戻ってるだろう。


「やっぱここに来たらこれだよな」


 俺が来たのはソフトクリームを売っているお店。これがめっちゃ美味い。


「あとは、あれか」


 あとレモンスムージーを買って席に戻った。葵はグランドを見つめていてなんか寂しそうだった。たぶんだけど。


「ただいま、葵」


 俺はそう言ってスムージーを葵のほっぺにくっつけた。


「ひゃっ!」と言うかわいい声とともに向いた顔は笑顔でほっとした。


「んもう!祐くんびっくりさせないでよ!」


「さっきの葵めっちゃ驚いててかわいいぞ。さっきぼーっとしてたけどなんかあった?」


 いちおう気になったし嫌なことでもあるならどうにかしたい。


「言うの恥ずかしいんだけど...祐くんがいなくてちょっと寂しかったかな」


 え?さっき考えてたの当たったんですけど。


「大丈夫だって。俺はここにいるよ」


「うん。分かってるよ」


 安心してもらえたみたいで良かった。でもこれだったら四六時中一緒にいないといけなくなるな。まぁいいけど。


「葵、ソフトクリーム食べる?」


 俺が食べてるソフトクリームはたぶん日本トップの美味さがあると思う。バニラの香りが強く、乳臭くないのが俺好み。


「食べる!祐くん食べさせて!」


「分かった、分かった。ほい、あーん」


 スプーンでソフトクリームをすくって葵に食べさせる。俺はもう、あーんくらいで動揺することはない。と思う。


「んー!美味しい!祐くん!これどこで売ってるの?」


 喜ぶ葵がまたかわいい。まだ試合開始まで時間があるしコンコースを一緒に一周するのもいいかも。


 そんなことを思いながらソフトクリームを俺も食べる。


 ん?今気がついた。こ、これは間接キスというものでは?いやいやいや。大丈夫。これくらいで動揺するなんて。そんなわけない。


 そう。葵だってぜんぜん気にしてないんだから


 めっちゃ顔赤いんですけど〜〜〜〜〜!!!


「祐くん。間接キスしちゃったね」


 顔を赤くして上目遣いで言ってくる葵。まじで今日、野球観に来たんだよね?


「祐くんもっと欲しい」


 このあとかなりあーんをされられた。でも葵からもあーんをされたのでする側される側できて嬉しかった。


 コンコースを2人で歩いた時は顔真っ赤で喋れなかった。



読んでくださってありがとうございます!30話超えることができました。これからもよろしくお願いします!感想、レビュー、応援待ってます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます