26話 お昼休み(2)

 今俺は葵と中庭の木陰の下のベンチでお弁当を食べていた。もう弁当もあと少し。


「今日の数学どういうことなの?sinθ、cosθ?」


「あぁ、あれは単位円を考えて...」


 たわいもない話なのかよくわからない会話を広げていた。


 勉強の話になってから甘い話は一切ない。勉強はとりあえずついていけてるから問題ないけど。


「葵って数学苦手?」


「そうなんだ。中学までは良かったんだけど高校の数学難しくて」


「わかるな〜。特にバカ出身の俺は」


 そうそう。中学から高校に入ると急に数学が難しくなる。進学校だからかなのかも知れないけど。


「祐くんはすごいよ。すっごく頑張って。よしよし」


 葵は弁当箱を置いて俺の頭を撫でてきた。ブワッと体温が高い気がする。だいたいよしよしは俺たちの歳でするもんじゃないし。なのにこうなるとかやばいな。葵は全然よゆーそうだった。


「私も祐くんと同じ大学行けるように頑張らないと」


「俺は葵と同じ大学ならどこだっていいよ。理系がいいけど」


 俺はそんなにここがいいとかは思わない。点が高い方が選択肢は多い方がいいけど、葵と同じならどこだっていい。


「ダメだよ。自分の行きたいとこに行かないと。私は違う大学でも近くなら同棲とかできるしそれも良いかなって...」


 あぁ、葵は俺よりしっかり将来を考えてるのね。

 なんか同棲とか聞こえたけど?


「葵さん同棲って?」


 もちろん意味は知ってるけど。


「え?あ、あの、やっぱり将来は一緒に暮らしたいな、とか」


 葵があたふたしてかわいいけどそれどころじゃない。俺今プロポーズされた!?


「ま、まぁ将来のことはまたゆっくり考えよ。でも私もちゃんと勉強しなきゃ」


「なら、俺の家おいでよ。一緒に勉強しよう」


「え?祐くんの家で!?」


 たぶん葵に教えることならできると思う。


「あ、でも部活後とか汗かいてるしお風呂入らないといけないし。家隣同士って言っても」


「そうだったなぁ。ごめん配慮に欠けてた」


「ううん。祐くんは私に勉強教えてくれようとしただけだし問題ないよ」


「ありがと葵。でもならなかなか一緒に勉強する機会ないな」


「うんそうだね」


 まぁこればっかりは仕方ないけど。


「あ!なら私がお風呂入った後祐くんの家に行くのはどうかな?私12時くらいまでなら大丈夫だよ」


 うん。ぜんぜん大丈夫じゃないよね。男女が夜の12時まで一緒はアウトと思う。


「夜にかわいい女の子が出歩くのは良くないよ。隣だとしても」


 俺は真っ当な意見で抵抗した。なにかの拍子に俺の理性が壊れるかも知れないし。ぜったいそんなことしたくないし。


「私の家に来てもらうのは申し訳ないし、どうしたらいいのかなぁ」


 葵は何やら考えているようだがここは弁当を食べてスルーされてもらわないと。最初は俺が言い出したことなんだが。


「あ!そうだ!祐くん今日祐くんのお家にお泊りできないかな!」


「い、いや。そこまでしてやらなくても。俺は葵と入れるのはいいんだけど葵のお母さんとかも困るだろ?」


「そっか。急は悪いよね」


「うん。今度お互い時間が合えばやろう」


「うん。楽しみにしてる」


 そうだ。俺たちは焦らなくても大丈夫。もうぜったい離れないから。


 俺はそんな気持ちを込めて弁当箱を置いてフリーな葵の手をそっと握った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます