第二段階

彼女に彼氏が出来た。

それは親友としてはとても喜ぶべきことで、片思いをしている身では嘆くべきことであった。しかし、彼女の前で私が恋心を寄せているなどと言ったことはない。言えない。言わない。言うなんておかしい。だから私は、彼女と一緒に無邪気に喜んだ。


その夜、髪も乾かさずにベッドの上で寝転ぶ。わたあめの上に乗っているような気分だった。羊が私を慰めている。世界がピンク色に染まって、彼を殺せと私に命じる。机の上には、帰り際に彼女からもらった飴玉。吸い寄せられるように袋を破り、頬張った。吐き気がした。どうしようもない虚しさに襲われて、口から出た言葉はもう言葉の形を保っていなかった。呼吸が荒くなる。喉が閉まって酸素を拒否しているようだ。それでよかった。いっそこのまま死んでしまいたかった。


涙は次から次へと零れてくる。全てが飴玉や宝石になる。部屋の中が水浸しだ。魚が泳いでいる。彼女との思い出を蹴散らしながら泳いでいる。わたあめは溶けて消えてしまった。羊は水に驚き逃げてしまった。

全部まとめて、冷凍庫にでも入れておけばよかっただろうか。一人にならずに済んだだろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます