8-1:K橋1

(編:ここは娯楽作と割り切って、実際に橋を上げるようにしてみませんか? それに関するドタバタということで。あと、できれば金髪は改定してもらいたいです。幾らなんでも一人に背負わせ過ぎじゃないでしょうか?)

(メモ:金髪は残したい旨を編集に言う)


(W:さて、K橋である。実際にこの橋が上がる、というデマが流れたのは読者諸君もご存知だと思うが、ここで出てくる『コンビニのあれやこれや』も実話である。極限状況において、(背後に何か意図があろうとも)善意が示されるというのは、心の底からホッとする……と思うのは年寄りだからなのかもしれない。若い世代にこの話をすると、半分くらいの人が『なんか怖い』『気持ち悪い』『罠っぽい』という感想だった。とはいえ、警戒心が強くなければ、こういった状況で生き残れないのもまた事実であり……難しい問題だ。

 また、『梱包された何か』も出てくるのだが、これも実話である。618の話を集めていくと、こういう意図不明な現象や状況をよく聞かされる。個人的には、必死だった、もしくは確実さを求めた処置ではないかと思うのだが――判断は読者諸君にお任せしよう)




 私達は東銀座の交差点手前に出た。

 見下ろすと、トンネル内では発砲音がまだ響いている。

 一瞬、行っていいのか、この武装した人達と行動を共にした方が安全じゃないのか、という考えが浮かんだ。

 同じ考えだったのか、他の人達もその場で、もじもじと体を揺らしている。

 梁に座っていた女性が、私達に背を向けたまま大声を上げた。

「我々はゾンビのいる場所に移動していきます! 一緒に行動したい、などと考えないでください!」


 ああ、この人達は、私達のように、『何とかここから逃げ出したい集団』とは真逆の存在なんだ……。


 私達は歩き出した。腰を低くして、なるべく早足で進む。通りは相変わらず車がぎっしりと停まっている。中に運転手はいないようだった。

 誰かが、潮の匂いがすると小さく呟いたが、私には判らなかった。

 左手に歌舞伎座があるが、大型トラックが入り口に横付けされていた。バリケードなのか、事故なのか――


 先頭を行く女性が手を挙げた。


 皆が足を止め、更に腰を低くして辺りを伺う。

 しんと静まり返ったビル街は、動く物は時々頭上を飛び交うドローンだけのように思えた。

 女性は自分の耳を叩く。

 微かに何かが聞こえてきた。

「人の――話し声か?」

 私の後ろで誰かがそう言うと、成程、そうとしか聞こえない気がしてくる。

 私達の足が速くなる。

 両側のビルは一階のシャッターが、全て閉まっていた。風が吹く為か、それとも内側で誰かが何かをやっているのか、時折ガシャガシャと音がする。その度に私達は立ち止まったり、小さく悲鳴をあげたりした。


 しばらく進むと、前方に大きな交差点が見えてきた。角にコンビニがあるが、やはりシャッターが閉まっている。


 その時だった。

 私の左から悲鳴が聞こえた。はっとしてそちらを見ると、Tシャツの老人が後ずさりしていた。Tシャツ老人は私達に目配せすると、前方下を指差した。

 私達はゆっくりとそちらに近づくと、黄色い軽自動車の影を覗きこんだ。

 アスファルトに長細く大きな物――どう見ても人間――が転がっている。問題なのは、それがビニール袋を何枚も被せてあり、しかもビニール紐でぐるぐる巻きにしてあるという点だ。

 しかも、片方の先端には中に赤い液体が溜まっていた。

「これ……ゾンビかな?」

 誰かがそう呟いた。

「……多分、そうなんだろうな」

 誰かの答えに、Tシャツ老人は眉間に皺を寄せた。

「だからって……こんな風にするのか。こんな……余裕が無いような時に、こんなに手間暇かけて……」 

 確かに、ゾンビが大発生しているこの状況で、こんなに手間のかかる処分の仕方をするものなのだろうか?

 しかも袋は片方の先端の中だけに赤い液体が溜まっている。

 つまり、袋の他の部分が綺麗すぎるのだ。

 破れてもいない。


 ゾンビは動かなかったのか?


「これ、中に人が入ってたりしてな……」 

 誰かがポツリと言った言葉に、私達は互いの顔を見ながら、その場に立ち尽くした。

 あんな風に、中が見えない状態では――ゾンビか人か判らない。 


 例えば、この機に乗じて薬を盛って昏倒させ、拘束した後こう言う――


『ゾンビを閉じ込めたぞ!』


 すると、どうなる?

 もしかしたら……勇敢な人が、スコップを振り上げて……自分の手を汚さず……これは完全犯罪で……多分、絶対にばれる事は無くて……。


 私は頭を振って、その考えを追い払い、交差点に向かって歩き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます