7-2:戦闘

 私も腰を低くしたまま、進み始めた。

 可能な限り早足で、車の影に隠れながら、意味なくジグザグに進んでみたりする。


 前方に分岐が見えてきた。

 中央の四車線はトンネルに繋がり、両サイドの四車線はそのまま上を進んでいく。

 またも発射音が聞こえた。

 どこからかは判らない。

 トンネルの上――か?

 私の前方、車の影から十人前後の集団がトンネルに駆け込んだ。

 私は何度か腰を浮かすが、その度に発射音が聞こえ躊躇った。近くなのか遠くなのか、大勢なのか少数なのか、上からなのか下からなのか、ここに至って色々聞こえ始めて判断がつかない。

 このまま行くべきなのか、それとも――


 トンネルの上にふらりと人影が現れた。


 首をだらりと前にたらし、左の脇腹が赤く染まっている女性――ゾンビだ。

 発射音が聞こえ、彼女は肩を揺らし、ゆっくりと顔を上げた。

 目が合った――ように思った。

 彼女は両手を上げ、唸り声を上げた。距離は二十メートル以上離れているのに、その声ははっきりと聞こえた。

 彼女は私の方をじっと見つつ、ガードレールに体を当てながら左に移動していく。

 私はそれをじっと立って見続け、ようやく自分が襲われようとしているのに気がついた。

 すうっと背中を冷たい指で撫でられたような感触。


 私はトンネルに駆けこんだ。

 風が強くなったのか、ごおっという音が聞こえる。

 オレンジ色の照明に照らされた車の中は、殆ど無人だった。

 試しにドアに手をかけると、簡単に開く。災害時の対応に従い、鍵をかけたまま車を放置してあるのだ。まあ、考えてみれば、放置したところで、これだけ車が密集していたら乗り逃げされることは、まず無いだろう。

 トンネルの長さは大したことは無いのだが、出口の方から絶え間ない発射音が聞こえ、それが反響している。先に入った人達が、戻ってきていないという事は、このまま進んでも平気――のような気がする。


 私は進もうとして前によろけた。

 あまりにも曲げすぎていた所為か、腰が突っ張っているようだった。

 ゆっくりと背筋を伸ばすと、腰に手を当て、胸を反らす。ごきりと良い音がして、思わず溜息が漏れた。

 ゾンビの只中で、ぎっくり腰なんてのは嫌だな――などと苦笑していた私の耳に、物音が聞こえた。

 カツン――カツン、と断続的な音。後ろから近付いてくる音。ヒールの音。

 そして、唸り声。

 振り返ると、私と彼女の距離は車四台分ぐらいだった。

 いつの間に、と私は考えながらじりじりと後ずさりした。汗がつっと額から垂れ、右目に入った。軽い痛みよりも、視界が半分無くなることに私は焦り、目を擦る。

 ぐうっと彼女は唸り、右手を私の方に掲げた。

 長い髪がかかった顔は、中々美人であったが、所々に真っ黒い穴が開いていた。


 え? 

 モデルガン、じゃなかったのか?


 またも出口の方から発射音。ということは――近くにまだたくさんいるわけだ。このままだと、挟み撃ちになるかもしれない。


 私は彼女に背中を見せ、走り出した。自分の靴音が反響し、彼女が走らないのは判っているのに、怖くて怖くて堪らなかった。

 トンネルを走り出ると、強い日差しと熱気が襲ってくるが、私は構わず走り続けた。

 水と豚肉で、一体どのくらい私の体力は回復したのか。ゲームのように数値で見れればいいのだが……子猫や幼児のように、いきなり電池切れなんてことはあるのだろうか?


 道路がぐっと上がって、元の八車線になり、また前方に同じようなトンネルが見えてくる。

 不思議な事にゾンビは見えない。

 私は走る速度を落とし、黒い車のサイドミラーを掴むと、立ち止まった。疲労と熱さがどっと襲ってきて、体を折ると、汗が凄まじい勢いで顔からアスファルトに垂れていく。

 涼しい風が吹いてきたので、顔を上げると、トンネルの前の車の影に、こちらを見る顔がたくさん見えた。一瞬ゾンビかと思い、足がびくりと跳ね上がるが、どうも私ではなく遥か後ろを見て、話しあっているようだ。


 私は振り返った。


 今通り抜けてきたトンネルの上は満員だった。

 武装した集団が、車の上を渡りながら発砲し、その周りに、ゾンビが数えきれないくらいいた。トンネルに入る際に聞いた風の音は、連中の唸り声だったのだ。

 私は前方に目を戻す。

 大勢の唸り声がそこら中から聞こえる気がする。


 いる。

 きっと、この先にも大勢いる。

 K橋に行くなら、ここを上に行かないと駄目だ。

 地図ソフトで見ると、このトンネルは結構長いのだ。

 だけども――


 前方のトンネルの上にゾンビが何体か現われた。

 一体見たら、百体はいるかもしれない。


 なら、今と同じ方法でやり過ごし、引き返していけばいいか……。


 どちらにしろ、動かなくてはダメだ。横道に入るのも手だが、土地勘もないし、見通しのいい場所じゃないと挟まれたらそこで終わりだ。最悪、建物に入ってやり過ごす手もあるが、白髪の男性が言っていたように、鍵をかけられてしまう可能性がある。というか、自分がビルに逃げ込んだなら、ゾンビが入って来ないように、入口にバリケードを築くだろう。


 私は走り出した。

 走ってばかりだが、悪い夢を見ている時のように、走らずにはいられない。


 そのまま、トンネルに飛び込むと、徐々に速度を落とす。

 カツンと足音が後ろで響き、私は跳ねるように振り返った。

 さっき車の影にいた人達が、私に続いてトンネルに入ってきていたのだ。私に一番近い場所にいた髭面の男性が、片手でゴメンというポーズをとった。

 私は前方に視線を戻した。

 同じオレンジのライト――が途中から無くなっている。

 あれ? と思いながら、歩を進めると、横づけに停まった四駆の向こうで、大型トラックが斜めにトンネルに飛び込んでいるのが見えてきた。荷台を後ろにして落ちており、二台の車がそれを受けてぺしゃんこになっている。荷台の扉はひしゃげて、半部開いていた。

 私を含め、皆が足を止め、呆然とそれを見ていた。

 そして、徐々に視線が上に上がっていく。


 トンネルは途中から屋根が無かった。

 直方体のコンクリートの梁があるだけで、自然光を取り込むスタイルなのだ。

 その梁を突き破って、トラックは上の車道から落ちてきているのだ。

 そして――上を歩くゾンビが見えた。


 とんでもない数だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます