2-4:デパート地階:封鎖2

 二瓶がマナーモードを終えると、小さく手を挙げた。


「あの――さっき中央階段で、ちょっとだけ上のフロアチーフと話せたんですが、『上のお客様の誘導が終わるまでは、そっちは絶対にあがって来るな』と言われたんです」

 中年男が、俺の顔を見て頷いた。俺は二瓶の後を継ぐ。

「さ、さっき見たんですけど、エスカレーターの上りは止められていまして、椅子やら何やらで、バリケードができてました。でも、下りのエスカレーターは、今も動いてて――」

 遠くでお馴染みの、どんどんバタンという音が聞こえた。

「まさか――ここに放り込んでるの? あの――ゾ、ゾンビを?」

 タオルおばさんの真っ青な顔に、俺を頷いた。

「た、多分、そうなんじゃないかな……。お客を外に出す為の時間稼ぎ、的な?」

 気弱リーマンが、ひぃいっという声を上げた。

 俺も上げたい。


「……あたし達、え、餌なの? 食べられちゃうの?」

 女の子が今にも泣きそうな声で呟く。

 女子高生がさっと手を伸ばして、女の子を抱き寄せた。

「……大丈夫だよ。上には行けるから」

 二瓶が、平気だから、と女子高生の発言に乗っかった。

 気弱リーマンが、小さな声で毒づいた。

「て、テキトーな事言わないでくださいよ!? 上に行く手段がないんじゃ、どうしようもないじゃないですか!」

 俺は気弱リーマンを無視して、二瓶に顔を近づけた。

「なあ、エレベーターは? ここにも通じてたよな?」

 二瓶は頷く。

「ここからだと階段を挟んで反対側に、一度に二十人くらい乗れる大きいのが一つ」

「止まってると思うか?」

 二瓶は、わからない、と首を振った。中年男が腕を組んだ。

「行って確かめてみるしかないか。あの連中がゾンビなら――エレベーターは動かさない、よな? だったら、止めてない――かもしれない」


 俺は、もう一度カウンターから顔を出して辺りを窺った。ゾンビは見当たらない。思い返してみるが、連中、ただただ進んでくるだけみたいに思えた。エレベーターを認識して、かつボタンを押して乗り込む奴がいるとは、何となくだが、思えない。

「映画だと、偶然押して、乗りこんだりするんだけど?」

 女子高生の言葉に、俺と中年男がううっと声を上げた。

 落ち込む俺達に、女子高生は、いやいやと手を振った。

「いや、だから、なんか武器を用意して行った方が良いかなって。エレベーターに行くのは賛成だよ」


 二瓶は細目で、渋い顔をした。

「うーん、ここって基本加工品しか売ってないから、包丁とかはない、と思う」

 中年男が顎を擦る。

「となると打撃できる物か。柄は長くて頑丈で――というか、モップとかないか? 連中、そんなに動きが速くないから、押しのければ、なんとかなるんじゃないかな?」

 俺は、ああ、と声を上げた。

 こうやって皆で話して、段々と落ち着いてくると、連中に対する恐怖が薄くなってきて、いけそうな気がしてくる。

 佐藤さんは指を抜けなかった。だから、力は強いかもしれない。でも、知能は無いように思えるし、歩くスピードだって、思い出してみれば、かなり遅い。

 二瓶は、首を捻った。

「モップなら――階段横と、エレベーター横の資材庫にあると思います。鍵は――かかってなかったはず」


 あ、階段横とかについてる、謎の扉って、鍵とかかかってないのか……。


 二瓶の言葉に、中年男が、よしっと膝を打とうとして寸前で止め、小さく頷いた。

「店員さん、みんなを誘導してくれないか?」

 二瓶は頷くと、腕をまくった。

 中年男は、僕の肩を叩いた。

「君、店員さんと知り合いなんだろ? 先頭で行ってくれ。殿しんがりは俺がやる」


 は?


 俺は中年男をまじまじと見た。

 太い眉毛に、小さくて鋭い目。大きな鼻の下には、綺麗に切り揃えられた黒い髭。きっちりと絞められたネクタイは高級品だけど、シャツ共々汗で変色している。

 そして、でっぷりと突き出た腹……。

 俺の視線に気づいた中年男が、薄く笑った。

「ふふ、君、失礼だぞ。所謂ハラスメントってやつだ」


 この人って、もしかして――


「いや……あなたが、先に行ってください。お、俺、ちょっと走り回って、ここらで――大声で、ギャーッとか叫びまくるんで」

 俺はへらへらしながら、そう言っていた。


 二瓶と妊婦さんが、ぎょっとして俺を見る。

「あ、あなた、何を言ってるんですか!?」

「ほ、ほんとだよっ、何カッコつけてるんだ!? 君は――そんなキャラじゃないだろう!?」

 俺は瞬間的に悟った。

 ここだ!

 こここそ、告白するべき瞬間なんだ!

 自己犠牲の台詞で、二瓶に、俺はお前が好きなんだとアピールするんだ!


「お――お前に、かかかかっこいいとこ、みしぇたいんだよ……」


 噛みまくりやがった、と女子高生が首を振りながら顔を覆った。女の子が、うわぁ、と微妙な声を出し、タオルおばさんが、慈しみの視線を俺に注いだ。

 二瓶は――顔を赤らめてもいないし、目に涙も浮かべていなかった。いつも通りの、ジト目で


「なんて(言ったの)?」


 と小さい声を漏らした。

 中年男性が何事も無かったかのように続けた。

「囮か……。連中、動きが遅いから、確かに君なら囮としては完璧なんだが――」

 地味に落ち込んでいる俺の肩をちょっと叩くと、中年男は気弱リーマンに顔を近づけた。

「なあ、あんたも俺達と一緒に囮をやらんか?」

 俺達?

 中年男は、俺に片眉を上げてみせた。


 この人、ちょっとアレかなと思ったけど、滅茶苦茶、男前じゃないか――


 気弱リーマンは、痙攣するように首を振って拒絶した。

「……そうか、わかった。すまない。君は、ほら、そこにいる妊婦さんと子供を守ってくれ」

 中年男はそう言って立ち上がると、ベルトをきゅっと絞った。

「……本気っすか?」

 馬鹿にするつもりじゃない。だけど聞かずにはいられなかった。

 中年男は、太い唇の端を釣り上げた。

 状況が違ったら、かなり邪悪な笑みにみえる代物だ。

「君、重ね重ね失礼だぞ。まあ……優しいだけなんだろうが」

「や、いや、ええっと、じゃあ、一緒にやりますか。じゃあ、そういう事だから――」

 俺は、二瓶にへらりと笑ってみせた。少しばかりぎこちない笑いだったように思う。

 彼女は眉を吊り上げ、ああもう、と悪態をつくと中腰になる。

「……後からちゃんと来なさいよ。君をヘッドショットとか、一生夢に見そうだからね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます