第7話 ヴォイニッチ手稿を解読してみよう。


第7話 ヴォイニッチ手稿を解読してみよう。



S:「はい。解読に用いた文面はプロフィール⇒Twitterを参照してみてください。」


A:「Twitterも使った初めての回ですね!」


S:「そうですね。まずは簡単にヴォイニッチ手稿について、ナレさんに説明してもらいますね。」


N:ヴォイニッチ手稿とわ。1912年にイタリアで発見された古文書(写本)。未解読の文字が記され、多数の奇妙な絵が描かれていることが特徴である。


A:「今回は難解なものに挑みましたね。大丈夫ですか?」


S:「まず。間違ってはいけないのが、ヴォイニッチ手稿は多種多様な解釈ができますので、この解読はあくまでも私の説になります。ですのでコレが正解!と、いうわけではないです。」


A:「なるほど。面白そうですね。」


S:「それでは、私の解読した内容を一気にナレさんに読んでもらいますね。」


A:「はい!お願いします!」


N:はじまりの人は子供たちを集めて、自らの知識を与えた。知識を得た人々は、はじまりの人を敬った。はじまりの人は知識を得た人を残して帰っていった。知識を得た子供たちは、はじまりの人の知識を伝えた。知識を得た特別な人々は集まり、そのなかから指導者がうまれた。指導者は知識人を先導して王国きづいた。率いた指導者を人々は初代王として、敬った。

帰ったはじまりの人は大勢のはじまりの人に 地球の事を知らせ 特定の波長が合う人を捕まえてもち 未来の未来のそのまた未来の知識を授けた。地上に返された人々は大勢の人に伝えた。はじまりの人々は、過去未来現在をすぐれた知識で行き行きでき 過去未来現在の指導者と 取引をした。はじまりの人々は 過去現在未来の情報を共有して あたらしい生命体をつくりだした。

地上で発生した、神の存在をシュミレーションする。

人は尊敬する存在だ。人のお陰ではじまりの我々は次元上昇した万物の王になった。

はじまりの人より前の前のはじまりの人に宇宙の知識をさずかって生まれたはじまりの指導者も生み出せなかった神の理念をはじまりの我々と人を融合させることで、人は到達した。

はじまりの人らは集まった情報を相談した。そして、シュミレーションするこにした。改良した人から生まれたはじまりの人そっくりな人を人の指導者にした。

指導者は上昇した科学技術を人々にかみくだいておしえをそわった人はその人を神聖な存在と、人を作ったはじまりの人が、世界をつくったと崇拝した。

 はじまりの人は集合宇宙の中の存在で、個体を持たない。ホムンクルスと人の融合で生まれた生命体の中に、特別なはじまりの人の記憶をミトコンドリアコロニーに変換させることで1個の個体宇宙を確立させることができる。さらにその中で優れた個体宇宙を選び、宇宙の記憶の一部を覚醒させた。

未来またその未来、はじまりの人と、等しく次元上昇した時、別次元のミトコンドリアコロニーが誕生し、その次元の個体宇宙に敬われる。

以上です。


A:「なんだか、解読というより、より難解な文章になった気がするのですが・・・。」


S:「まぁ、冒頭に述べたように、ヴォイニッチ手稿は多種多様な解釈ができ、私はコレを漫画として読み取ることできました。」


A:「なるほど。千差万別、多種多様なジョブの人々のそれぞれの立ち位置によって、解釈が異なるということですね!なんだかロマンがありますね~!


二人が立ち去った後・・・。


N:色々 な立場の人が集まり、ヴォイニッチ手稿を解読したとき、一つのピースは一枚の真実を映し出すのかも知れない・・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます