精神異常①



スカルは暫く、様子見と言って防衛隊に留まっていたが、結局遠方の部署に引き抜かれていった。彼が懸念していた事は、ブラッドも承知の上だ。

思ったよりノイズの精神状態がよろしくないのも頭を悩ませる。


「最近、ノイズありきの作戦に偏りすぎてない?」


 耳が痛い事を言ったのは弟のスカーだった。


「防衛隊の人間として、彼の不老不死という能力に依存するのもどうかと思うけど。まあ、上が納得しないのも分かるけどね」

「……」


 ブラッドが難しい顔をすると、スカーはやれやれと溜息を吐く。


「スカルの報告で黙らせたんじゃなかったの?」


 スカーの声は、部下の声だ。肉親だからこそ上司であるブラッドにさらりと言えてしまう。それがありがたくもあり、情けなくもある。


「アイルーが、『隊長は、彼を友だと思っているのだと思っていました』って言ってたよ」


彼が死を繰り返すたびに、どんどんと平常心を失っていることに気づきながら、ノイズを盾にする事を止めない。ノイズはノイズで、次こそは死ねるかもしれないと喜んで前線を飛び出していく。


「いつからそんな臆病になったの、兄貴」


 今度は部下としてではない言葉に、ブラッドはとうとう隊長の顔を崩した。


「難しいんだよ。あいつの扱いは」

「まあそうだろうね」

「俺達は死ぬ。あいつは死なない。簡単すぎるだろう。なにを悩む必要がある?そうやって急かされる俺の身にもなってくれ」


 自嘲気味に弱音を吐く。このままではいけないと、スカルは言った。分かっているけれど、それ以外の方法を探し出すのは骨が折れる。問題の難易度が格段に跳ね上がってしまっているのだ。


「ノイズの居場所を作ってやるのに精いっぱい?」

「……」

「でも、ノイズは自分の手でその居場所を壊すよ」

「わかっている」

「もう、時間ないよ」


 無情に告げられた真実。


 ブラッドは苛立ったようにもう一度、分かっている、と呟いた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます