化け物の扱い方⑧




ブラッドがスカルを呼び出し、隊長室に入ってから大きくため息を吐いた。


「あーくそ、あいつ等隊士をなんだと思ってやがる」

「……なんか言われたんすか?」


あまり部下に態度を露わにしないブラッドが、こうも荒れるのは珍しい。まぁこうやって自身をさらけ出すのは、スカルを入れてもそんなに人数はいない筈だ。


「ノイズのお陰で犠牲者ゼロだぞ!あいつがいなきゃアイルーは死んでた」

「……一人の犠牲があったとしても、十分な成果だって?」


アイルーの腕を考えれば、バグと一騎討ちになった時、恐らく相打ちにはなっただろう。


「異常者相手にここまで犠牲なく対応できたのは、防衛隊の訓練の賜物だとはお褒め頂いたよ」

「まぁ、今までは殉職二桁超えるか超えないかくらいでしたからね。クレイの時は…、三十四人でした」

「あいつは規格外だろ。でも、犠牲が無かった事は、なかった」

「そうですね」


犠牲者ゼロ。といっても、対応前に殺された一般人の事を考えると、諸手を上げて喜べる事もないのだが。


「はぁ、アイルーになんて言ってやればいいんだか…」

「……いや、そこは普通に生きてて良かった、で良いんじゃないですか」


 それは、ブラッドも弟のスカーに言われた言葉だった。だからこそ、ブラッドは彼女の気持ちが分かる。あの時の何とも言えない顔を見ると、何を言っても安い言葉にしかならない気がするのだ。


「そうなんだがなあ」

「それにさっきは、あいつがいたからなんも言えなかったんでしょ」


 スカルのフォローに渋い顔をしてしまう。あいつとはもちろん、ノイズの事だ。


「ノイズ万歳みたい流れにする訳にもいかないですからね」


ノイズは、まだ要観察対象。その功績を讃えるには危うい存在。


「なんてったって上がめんどくさい…」

「そうですね」


それが無ければ、手放しであの二人を褒めてやれたのに。まあ心配なのはノイズよりも繊細な神経をしているアイルーだけなのだが。


「……さて、スカル。本題だが、お前の先入観は打ち砕かれたか?」


愚痴が終え、切り替えて本題に入る。スカルの今回の仕事は、ノイズについての報告だ。


「……奴が、思ったよりもなんも考えてない事が分かりました」

「そうだろう、そうだろう」


 ブラッドは満足気に頷いた。


「それに、不老不死の体は利用できる。あいつが損得考えているかは謎ですが、アイルーの前に迷わず割り込んだ。害があるとは判断できませんでした」

「お前ならそう言ってくれると思っていた」

「……言いたくなかったですがね」


 憎々しげにスカルは吐き捨てた。


「悪いな」

「いえ、了承したのは俺なんで」


しかし、どこかすっきりとした笑顔で、スカルが言う。

この潔さが、気に入っていたのだけれど。


「もう少し監視していても良いんだぞ?」


というのも、この報告後、スカルは別の部署に異動することになっていた。ノイズが害有と判断できれば、居残れた。バグの監視役は、条件付きだったのである。


「報告を先延ばしにすれば……上官殿が煩いだろうが」

「……どちらにせよ、俺は、俺が見たままを報告します」


 上は一刻も早くあの化け物をどうにかしたい筈。『万が一化け物にほだされるような体たらく』を見せれば即前線を外すと言われているにも関わらず、スカルがこんなにも早く『ノイズは無害』とすれば、上も暫く何も言ってこなくなるだろう。


「何が何でも、あいつを有罪にしてやるつもりだったのに」

「そういうお前だから、頼んだんだ」


 実際に、ノイズと関わらないと、その人間性は分からない。


「……好きな女のナイトを奪われたんじゃ、ただの嫉妬にしかならねぇからな」

「またそう言うことを」


 スカルは短気だが、人を見る目は間違いなかった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます