第32話 冒険者ギルド副ギルド長グレッグ

角(カド)から男が出て前から歩いてくる。


体格の良い坊主頭の男。

身長は200cmぐらいか。

謎金属の頑丈そうな鎧を着ている。

すきの無い歩き方。


知らない素振りで横を通り過ぎながら、りげ無く右手を柄に近づける。


男「待て!小僧!」

男が俺の後ろえりを右手で掴もうとした。

時計回りで、振り向きざま抜刀。

男の右手を下から上に斬り飛ばす。


男「うっ!」

男は斬られた手首の先が無い右手を左手で押さえている。


男は痛みを我慢しながら俺に聞いた。

男「お前は何者だ!冒険者5人がここに来たがどうした!」

「俺はただの旅人の少年です。冒険者は知りませんね。」


男「俺と同じように斬ったのか?」

「一般の人に理由もなく暴力を振るう人達を、冒険者と言うのかな?あなたと同じ様に。」

刀を納刀しながら質問を返す。


男「暴力?」

「急に奥襟を掴むのは暴力ですよ、投げるも叩くも・・・殺す事も自由に出来る。あなたは俺を制圧しようとしたんだよね?暴力と言わず何というんですか?」

男「・・・。」


男は無言で右手を押さえ俺を睨む。

「いわれの無い暴力とは断固として戦いますよ。」

男「・・・・」

男は何も言えなくなった。


「あなたは冒険者ギルドの方ですよね。」

グレッグ「そうだ。副ギルド長のグレッグだ。」

グレッグは魔力を右手に込めると右手の流血が止まる。


「一般の人が冒険者に絡まれているのに、黙認するのが冒険者ギルドの流儀ですか?」

グレッグ「冒険者ギルドに恨みでもあるのか?」


「恨みも何もありません。黙認するのが冒険者ギルドの方針ですか?」

再度聞き直す。


グレッグ「黙認した訳ではない!そのために俺が来た。」

「遅い!遅すぎます。絡まれた時点で対処しないとダメでしょう。普通の人なら今頃殺されて、武器や防具を盗まれてます。」


グレッグ「やっぱり斬ったのか?5人をどうした?」

「さあ、知りませんね」


男「そんな筈はない。確かにお前らを追ってここにくるのを、俺は見ていた。」

「それは黙認と同じですよ。俺達を追っていたのを知っていて、走れば間に合うのに、間に合わないように歩いて来たんですよね!」

右手を刀の柄に添える。


グレッグ「緊急事態なんだ。ゴブリンの群れが樹海に発生した。戦力が必要なのだ。お前ら冒険者ギルドに加入してダノワの替わりに手伝え!」

「お断りします。戦力を維持するのと一般の人を見殺しにするのと、どんな関係があるんですか?あなたは論理が滅茶苦茶だ。」


グレッグ「ダノワ達は生きているのか?生きているなら引き渡せ!俺からしっかり言い聞かせておく。それで満足しろ。」

「何を言ってるか分からないが、あんた馬鹿でしょ。仮にそんな事があったとして、それで許す人はいないよ。それとも実力行使で納得させようとしてるのかな?」


ヒナ「なんでこの人、上から目線なのかしら?」

「右手を切られても、俺を圧倒する自信があるんだろうね。」


グレッグは威圧が通じず、冷静に話す二人を見て不審に思う。

どう見てもただの小僧だ。

そして実力はありそうだが実戦慣れしてなさそうな少女。

そんな二人にどうこう出来る『深紅の剣』のパーティでは無いはず。

何か有るのか?

どうして自分の右手が切られたのかもよく分からない。

現役時代無敵を誇った元Sランクのグレッグだが、今までこんな事はなかった。


アイが鑑定していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

名前:グレッグ

種族:人間

性別:男

職業:剣士

性別:♂

レベル:48

HP:450/500

MP:150/150

スキル:

 剣術(LV8)

 縮地(LV5)

 投擲(LV5)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

強いね。


グレッグは鑑定された事に気付く。

グレッグ「鑑定したな。そのオッドアイか?お前は何者だ。」

「ただの旅人ですよ。」


グレッグ「隣の女も人間じゃないな。吸血鬼か?お前ら魔王の手先だな。」

男は左手を右の腰に伸ばし、ナイフを掴んで俺の首に投げた。

ナイフは無視。抜刀。

ハクの転移でナイフは躱してグレッグの横に移動していた。

男の首を斬り落とす。


副ギルド長グレッグの死体を異次元収納に入れた。

飛び散った血などはスラオの闇魔法で影に消える。


「魔王の手先じゃないよ。失礼な。」

ヒナ「今のくだりなにー?有無を言わさず斬れば早いのに。」

「いや~。良い人だったら見逃そうかと思って。この町の冒険者ギルドは酷いね。副ギルド長からして駄目だ。理由はどうでも、これでこの町の冒険者ギルドとは敵対が確定した。

スパ、冒険者ギルドを監視してね。」

スパ「承知しました。」


「商会に帰ろうか。」

ヒナ「お腹すいたしねー。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます