第2話

「待っていて。私は私のために


 あなたを殺す」


 




 少女ははるかと言う。


 読書が好きな大人しい高校生だ。


 好きな本は「百年の孤独」。


 周りの友達の誰もがそんな本は読んでいなくて、それがちょっとはるかの自慢だ。


 「あんたは変わっている。きっと、作家になる」


 母ははるかに何度もそう言った。


 でも、はるかはまだ何も書いたことはない。





 ただ、読むのが好きなだけだ。


 特に勉強ができるわけでもないし、真面目なだけで、華やかなクラスメイト達の中じゃ、自分なんて、地味なだけだって言うのもわかっている。


 「あんたみたいに本を読む人間いるのかなぁ。アタシの娘とは思えないね」


 母は嬉しそうに、本を読むはるかに言った。


 確かに、はるかほど本を読む少女はいなかった。


 何でも読んだ。


 学校の図書室の本は、借り尽くした。


 中学卒業と同時にはるかを出産、そして十七歳で離婚。


女手一つではるかを育ててきた母親には、真面目で本を読むのが好きな娘が、自慢だった。


 他に私、とりえがないからママは、そう言うのかな


 はるかは、母の賛辞を少し醒めて受け止めていた。


 でも、いつか物語を書きたいな。


 そうは思った。  


 ママのために。


 自分で本を読むことはないが、はるかのする本の話を楽しそうに聞く母のことを、はるかは思った。


 母と娘は親友だった。


 はるかは母を愛していた。


 陽気で明るく気が強い。


おまけに美人で情にもろい。


 そんな母を愛していたのだ。


 母親である以上に。


 「ママは、私の年には私がいたんだよね。私がいなかったら、もっと楽に生きられたのにね」


 はるかは母に言ったことがある。


 母は真面目な顔をして言った。


 「楽じゃないね。今だって。でも、アンタなしの人生なんて考えられないよ」


 母は陽気に、考えなしに陽気に、はるかの人生を描いていた。


「アンタはアタシと違ってさ、ちゃんと学校行って、卒業して、作家になるんだ。そしたら、アタシに素敵な家でも建ててくれるだろ」


 母はよくそう言った。


 はるかは、そんな未来を思い描けるほど、陽気でも考え無しでもなかった。


 だから真面目に勉強して、行けるなら大学に行って、それから何か仕事をして、母を楽にしたい。


そう思っていた。


 そして、いつか母のためだけに書くのだ。


 ハッピーエンドの物語を。




 「なんで悲しい話なんか読みたいのさ。そんな話どこにでも転がっているじゃないか」


 母は、はるかが読んだ悲しい物語を聞かせる度、不思議そうに言ったものだ。


 「頑張っている人間が報われなきゃ、何の意味もないね」


 それが母の、物語の評価の基準だった。


 はるかは現実的なハッピーエンドを思い描いていた。


 はるかは秀才ではないが、馬鹿ではない。


家計を助けてバイトをしながら、しっかりと世の中を見ていた。


 どうやって物が動き、どうやって売られて行くのか。


 


 小さな商売をしよう。


 はるかは考えていた。


 


 働いてお金をためてママと店をする。


 そのために大学で経営を、そして実地で商売を学ぶ。


 そしていつか、ママに家を買ってあげるのだ。


 小さな、でも素敵なお家を。


 それがはるかのハッピーエンド。


 


 「あんたみたいに可愛い子が、デートもしないなんて! バカで喧嘩するくらいしか能のない男なら話は別だけどさ、あんたみたいな良い子なら、賢い男の子が来るはずだろ」


 母は嘆いた。


 はるかは、男の子達には興味なかった。


 ママの好きそうな、賢い良い子な男の子にも、自分の父親や何度も代わるママのボーイフレンド達のような、バカで喧嘩位しか能のない男にも。


 母は、美人で陽気で、三十過ぎには見えない若々しさでよくもてた。


 そしてすぐ棄てられた。


 いつもいつも「あんたにパパができるかも」と言っては盛り上がり、すぐ夜ベロベロに酔っ払って帰ってきては泣き崩れた。


 男を見る目が全くなかったし、いつもいつも、ダメな男にひっかかっていた。



 パパもそんな男の一人だったのだろう。


はるかは顔も覚えていない父に、醒めた思いをもっていた。


 母はすぐにまた恋に落ち、そしてまた泣き崩れた。


そしてはるかが慰める、その繰り返しだった。


 母と娘は、それでも二人仲良く生きていた。


幸せだった。


 ソイツがくるまでは。


 ソイツがはるかと母の前に現れるまでは。


 


 「はるかちゃん? ユミさんの言う通りだ。可愛いなぁ」


 ソイツはニコニコして言った。


 


 優しそうな人だ。


 はるかは少し驚いた。


 


 母のボーイフレンドに、「正式に」会ったのは初めてだった。


 今までの母のボーイフレンド達は、娘に会ってくれと言われた段階で、別れを切り出してきたからだ。


 母が、まともな人間と付き合うわけがないと、はるかは確信していただけに、ちょっとビックリするくらいマトモな人間だった。


 後、ビックリしたことは、本当に若かったことだ。


はるかと十才位しか、かわらなかった。


 「ゲーム理論」と書いてある本を読んで、母とはるかを待っていたのにもびっくりした。


 今までの母のボーイフレンド達には、聞いている限り、そういう人はいなかったからだ。あの人達が、一冊でも本を読んだことがあるかどうかも怪しいと、はるかは思っていた。


 


 「これ? 面白いよ。経済にも応用されている理論だ。はるかちゃん、こういうの興味ある?」


 「この子はどんな本でも読むからね」


 母は、自慢気に言った。


 ソイツは、「そう」とさらに柔らかに、笑った。


 「ユミさんの自慢の娘だものね」


 春岡。


 


 ソイツはそう名乗った。


 春岡比呂。


 それが、柔らかな笑顔の悪魔の名前だった。



 はるかは今でも、春岡の微笑を思い出す度、全身に震えがはしる。


 悪魔とは、あれほど優しく笑えるものなのだと。


 「エライ人になるよ。ヒロくんは。今はまだ色々勉強中だけどね。はるかも見ただろ、あんな難しい本とか読んで勉強しているんだよ」


 母は、何をしている人なのかはるかに聞かれると、そう言ってうっとりとしていた。


 「しかも強いんだよ。大学の時ボクシングで、全国大会にも行ったんだよ」


 母は付け加えた。


 どうしても、母の男の基準には腕力がかかせないらしかった。


 少し嫌な予感はしたが、春岡は礼儀正しく、楽しく、まるで兄のように、はるかに接してくれた。


 話題に豊富で、言うことに説得力があった。


 世界の経済、日本の経済、どういった業種がこれから先伸びていくか。


 はるかにもわかるように、説明してくれた。


 「月に決まった金額を貰っているサラリーマンなんて、搾取されているだけなんだよ。搾取される側じゃなくて、搾取する方にまわらなきゃね。僕は月給貰って、搾取されているのも分からず、尻尾ふるような犬にはなりたくないんだ」


 春岡が柔らかな口調で言ったので、はるかはその言葉に見えている肥大したエゴに気がつかなかった。  


 いや、気が付きたくなかったのかもしれない。


 母が夢中である恋人が、やはりダメな生き物であることに。


 二十代半ばの春岡が、大学を卒業しているのにも関わらず未だに働いていないこと。


 実家のすねかじりであること。


 一応老舗の和菓子屋の若旦那だということになっていたが、働いているようには見えなかったこと。


 それさえも、見えなかった。


 いや、気がついてはいたのだ。


 ただ、今までの恋人よりかはましだと思っただけだ。


 本当はそうではないことに気がつかなかった。


 母の様子がおかしくなっっていたのに。


 塞ぎこんだり、苦しそうな様子を見せて仕事に向かったりした。


「病気なの?」と聞くと弱々しく首をふった。


 陽気で明るく若々しかった母が、一気にふけこんだ。


 今思えば奇妙なことに、夏なのに、クーラーもない部屋で、母はずっと長袖ばかりを着ていたのだ


 

「暑くないの?」


 聞くと、それに対しても、また、弱々しく母は首を振った。


 春岡と関連づけて考えることは、できなかった。


 母と春岡と、三人でいる時、本当に楽しかったのだ。


 春岡は母を宝物のように扱い、はるかにも優しかった。


 だから、だから。


 はるかや母に見せる細やかな気遣いと同じ位の繊細さで、顔や見えるところに傷など付かぬよう、仕事にぎりぎり行けるよう、母に春岡が暴力をふるっていたことを、はるかは気がつかなかったのだ。


 あの日、母がボロボロになって帰ってくるまで。


 美しかった母の顔が、原型を留めないほどに、破壊されていた。


 自慢の長く美しい髪が、引きちぎられていた。


 ありえない方向に、腕が曲がっていた。


 全ての指が折られていた。


 どうやって帰って来たのだろう。


 こんな身体で、こんな状態で。


 ドアを開け、母を抱きしめ、崩れ落ちながらはるかは叫んだ。


 何が起こったのかわからなかったのだ。


 母は笑った。


 いや、笑顔を作ることなどできなかったが、笑おうとした。


 「ごめんね」


 歯のなくなった口で、血を噴出しながら、母は言った。


 「あんたのお金にだけは、手を出させない」


 つぶやいた。


 意味がわからなかった。


 母の言葉も。 


 この状況も。


 「アタシの子とは思えないよ。賢くて優しい……」


 そう言ったのだと、思う。 


 口も満足に回らないくらい、母の顔面は破壊されていたから。


 そして、母は、はるかの腕の中で死んだ。


 裁判で知った。


 母は、五時間にもわたる、拷問としかいいようのない暴力に、さらされていたのだ。


 春岡は、母からお金をせびりつづけていたのだ。



 姉御肌の母は、最初は気にせず貸していたのだろう。


 困った人を、放ってはおけない母だった。


 結果、はるかと二人で自分達が困っても。 


 「なんとかなるさ。なんとかするし」


 母は、良く笑ってそう言った。


 だが、春岡の無心は、やむことがなかった。


 彼に言わせたら、将来のための投資だった。


 いずれ、はるかと母と三人で暮らすのだからと。


 


 その時は、幸せになろう。


 その為に、君達のために、僕はがんばっているんだ。


 


 おそらく、春岡は本気でそう思ってはいたのだ。


 良さそうな儲け話のセミナーに行くためのお金、儲け話の情報料、そういったものに、そのお金は消えたのだから。


 ただ、自分が大変なことは嫌う。


 「ボクのような人間がする仕事じゃない」


 面倒なことを嫌う。


 「誰かがすればいいじゃないか」


 そんな人間に金儲けなどできるはずもなかった。


 実家は裕福だったが、実家もとうに春岡に金を渡さなくなっていた。


 母だってやっと気がついた。


 だから、金を出すのを拒否するようになった。


 すると、暴力が始まった。


 はるかは不思議で仕方がなかった。


 あの、気の強い母が殴られたままになったなんて。


 それは、裁判で明らかになった。


 人を殴り殺すことはできるのに、気の弱い春岡は、警察の取り調べにあっさり答えたのだ。


 はるかに暴力をふるわれたくなければ、別れるな。と脅したと。


 自分のことなら気丈に振舞える母の、数少ない弱点。


 そして、もう一つの理由。


 母が、自分の言う通りにしさえすれば、春岡は誰よりも優しい恋人だった。


 酷い男に酷い目に合い続けた母には、信じられないくらい優しい。



 母は人間を信じていた。


 殴った後、必死に謝る春岡の言葉を信じたのだ。


 だから、春岡が、自分を殺すまで殴るなんて、信じていなかったのだ。


 殺されるまで。


 だが、はるかのために貯めていたお金を、貸してくれ、と言われた時、母は拒絶した。


 春岡は激昂した。


 


 お前達のためなのに。


 それがわからないなんて。


 


 殴った、殴った。


 母は拒絶した、拒絶した。


 春岡は、自分と言う人間が、拒絶されたように感じた。


 バカにされていると感じた。


 


 バカにするな!


 オレはこのままでは終わらない男だ!


 何故、それが分からない。


 お前達を幸せにしようとしているだけなのに。


 殴っているのは、間違いを正しているからだ。


 春岡は、思った。


 


 何故分かってくれない。


 髪をひきちぎりながら春岡は叫んだ。


 指を1本1本折りながら春岡は泣いた。


 こんなことはしたくないんだ。


 


 動かなくなった母をだきしめ、春岡は慟哭した。


 ごめん。


 ごめん。


 ごめん。


 許して!


 愛しているんだ。



 あまりにも身勝手過ぎた





 動かないままの母に春岡は恐怖した。


 その場に母を残し、走り去る。


 


 そして、母は起き上がったのだ。


 そして、瀕死の身体で、愛する娘の待つ家へたどりついたのだ。


 助けも求めずに。


 ただただ、はるかのもとに。


 ふらふらと路上を歩く、女性の姿が目撃されている。


 


 すぐに春岡は逮捕され、簡単に自供した。


 近年の犯罪率の増加により、スピード化されされた裁判制度のおかげで、あっという間に春岡の刑は決まった。


 恐ろしく軽い刑だった。


 老舗の若旦那で人当たりも良く、周囲の人間にも評判が良く、優しげな姿形の春岡は、裁判員達の印象が良かった。


 弁護士は訴えた。


 「彼は罪をおかしました。でも、それは検察が主張しているように、金銭目的ではありません。彼は、資産家の息子で、実家の経営する会社の、役員でもあるのですよ。彼はただ、恋人を失いたくなかっただけです」


 春岡の実家も半分見捨てていたとは言え、殺人犯ともなれば話は別だ。


 金を実家にせびっていたことも、それを断っていたことも、内緒にすることにしたようだ。


 春岡のためではない。


 家の名誉の問題だ。


 息子が、バカなだけならいいが、女を殴り殺す変態では困る。


 殺人犯だとしても、少しはマシな状態にしておきたい、と言うのが本音だろう。 


 「被害者は残念ながら恋多き女性でした。大人しい真面目な被告に飽きてしまったのも、仕方がなかったことかもしれません」


 弁護士は、借金を断られる度に、母が暴力をふるわれていたことも、なかったことにする。


 ただのお人好しのお坊ちゃんが、だらしない女にいれこんだあげく、棄てられて、殺人におよんだ。


そんな物語を描いてみせた。


 将来有望だった若者が、水商売(たまに知り合いのスナックを手伝っていた)のだらしない女に騙されたあげく、心中未遂という風に。

[newpage]



 そしてそれは成功した。


 母に過去たくさんの恋人がいたことも、はるかと母と春岡が、仲良くすごす姿をたくさんの人が見ていたことも、春岡の有利にはたらいた。


 はるかは知った。


 それが正しくなくても、平気な人間達がいるのだ。


何一つ悪くないママを殺しても、それをなかったことにできる人間達がいるのだ。


 春岡。


 春岡の実家。


 弁護士。


 ――法律は、正しい者の味方じゃない。それを理解しているものの、味方なんだよ――


 はるかにいつか法律について説明し、春岡が語った言葉の意味を、はるかは知る。


 はるかに、春岡の実家から、多額の慰謝料の申し出があった。


 弁護士は、法廷で、はるかの母を侮辱した男は、親切めかして言った。


 「受け取っておきなさい。天涯孤独の身、なんでしょう。民事で請求をしてもそれほどの金額は出ないよ。一人で生きていかなきゃいけないんだ、お金は頼りになる」


 弁護士は分かっていなかった。


 はるかは母の娘だった。


 死ぬほどの暴力をふるわれても、娘のためになら絶対に折れようとしなかった女の。


 瀕死の状態で娘に一目会うためだけに、立ち上がり歩き続けた女の。


 はるかと同じ年で男に棄てられ、世間に娘と二人放り出され、それでも音も上げず戦ってみせた女の。


 「いらない」


 はるかははっきり言った。


 弁護士は驚いた顔をした。


 断られたからだけではない。


 その声も、態度も、世間にたった一人とりのこされた少女のものではなかったからだ。


 はるかは分かっていた。


 はるかは調べた。


一生懸命、調べた。


法律を理解しようとした。


 そして知った。


 自分にも方法があることを。


 この男は、その権利を奪うために賠償金を申し出ているのだ。


 賠償金を受け取ったら、はるかはその権利を行使できない。




 「私は仇討ちを申請します」


 はるかは真っ直ぐに弁護士をみつめた。


 弁護士は口をあんぐり開けた。


 バカみたいな顔、はるかはそう思った。


 「あの人に伝えて下さい」


 はるかは言った。


 あの人。


 ママを殺したあの人。


 ママ。


 どれだけ痛かったの。


 どれだけ苦しかったの。


 ママ。


 ママ。


 ママ。


 


 はるかは弁護士を通して春岡に告げた。




 「待っていて。私は私のために


   あなたを殺す」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます