私は『聖女ではない』ですか。そうですか。帰ることも出来ませんか。じゃあ『勝手にする』ので放っといて下さい。

作者 アーエル

1,092

446人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

最初の方はそれなりに分かりやすかったのですが、途中から話の展開が飛んで、その補足となる部分が後から分かる構成となっており、しかしそこに十分な情報が入らないままに進んだ状態、というのが繰り返されています。時系列が分からない所も多いです。

続けて読んでるはずなのに浦島太郎感が拭えません。

所々の話は面白いですし、キャラクターもそれぞれ持ち味があるので、勿体ないです。

とはいえ、まだ物語は途中ですので、今後に期待します。

Good!

うーん、展開は早いし、勧善懲悪で判りは易いかもしれません。
 好みが別れる、そぅ、綺麗に別れる作品かもしれません。
 水戸黄門では悪には悪のストーリーがありますが全く無く、主人公が何時でも何処でも被害者、そぅ被害者様、被・害・者・様!になり、ぶっ潰して終わりになります、やっている事が悪と変わらなくても勝てば官軍の勢いです(笑)
 ですので、スッキリは難しい勧善懲悪となり、中にはグロもあり、余計にスッキリしません。
 しかし、作品を維持する作者様の努力と根性が感じる?作品でもあります。
 まずは読んでみてみましょう、ガッツリ来るかもしれませんよ?

Good!

起承転結の転と結しか無いです。
因果の果しか無いので何が起こってるのか理解するまで間が空くのでこれから読む方は足りない前置き部分を想像力によって補完しながらお読みください

逆に言えば読む人によって色々なストーリー挟めますので無限の広がりを感じられる作品だと思います

★★ Very Good!!

作品自体は楽しく、細かく描写されていて頭の中で映像として浮かべるのが簡単でした。ですが100話を超えたあとくらいから少し時間(話)が飛んだり、描写が足りていない等々あり、脳内補完を多用したので少し疲れました。自分は大体20〜30話を1時間程度で読んでいましたが、じっくり読んでも全部読むのに10時間程度だと思います

Good!

序盤の展開等はなかなか好みだったのですが、文中の『』が無駄に多く、全く内容に集中できませんでした。
先に進めば改善するかと期待して最新話をちらりと覗いても相変わらずだったので残念ながら早々に断念しました。

傍点をやたらと多用する作者さんに通ずるものがありますが、
強調表現はここぞという時に絞ったほうが効果的ではないかなと…。

★★ Very Good!!

正直最初のあたりはヤンデレ具合がひどくて、いまでも暴走しかかるときあるので、いつか落ち着けるようになってほしいなー、と思います。
あと、これはほかの投稿者さんもなのですが・・重ね言葉っていうか・・おなじ言葉を使ってることありますよね。
違う言葉に置き換えるかどっちかを削除した文章にするときれいな文章になります。
携帯なんかだと推敲するのは難しいとはおもいますが、そこはセンス鍛えれば・・
なんとか?w

★★★ Excellent!!!

今まで異世界召喚で、簡単に王様の言う事を聞いて、協力するのが胡散臭かったのですが、この物語では、スッキリさせて貰えました。
ただ、もう一人の聖女が自害されたのが、寂しいですが・・・
私の中では、自害された聖女は、元の世界の召喚前に戻っていると思ってます(笑)
これからも楽しみにしてますので、よろしくお願いします。

Good!

『理不尽な目』に逢う主人公が『チート』と『周囲の過保護』で『ざまぁ』していく物語でスカッとしたい方にはおすすめです。

ただ、タイトルだけでなく、本文も全体が、上記のような感じで無駄にカギカッコが多すぎる。
強調したいのかもしれないが読みづらいだけになってしまっています。

物語は、主人公が唐突に周りに不自然なほど気に入られ、
トラブルに巻き込まれる⇒主人公にも解決する力はあるが周りが過保護に手助け⇒ちやほや
の繰り返しです。

胸糞展開もありますが、各トラブルとも最終的には過剰な火力で粉砕して悪者が過剰に酷い目に逢いますので、主人公だけに優しい世界です。
だいたい毎回そんな感じなので、悪者側の事情を掘り下げたり、悪役なりに感情移入される要素があったり、悪役側に救いがあったり……などという深い物語ではありません。
悪は問答無用で滅ぶべしといった、勧善懲悪ものです。
好みが別れると思います。

確かに理不尽に召喚されて主人公には落ち度ないのかもしれないが、ざまぁが過剰なのとカギカッコの多さがしんどいと感じる方も多いかも。
でも週間ランキングで上位にいるので、これがいいと感じる方も多いのでしょう。

単調な展開と暴力的なざまぁがもうちょっとなんとかなったら、もっと面白くなるのでは、と思います。

今後に期待します。