ずっと待ってたはずなのに

作者 桃もちみいか

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ずっと好きだった男の子、大地に告白された菜保子。とても嬉しかったはずなのに、だけど出てきた言葉は「ごめんなさい」。
大地の事が大好きなのに、その告白を受け入れる事は出来ません。だって、親友の知歌もまた、大地の事が好きなのだから。
恋も大事だけど親友も大事。三角関係は切ないです。

しかし、これだけなら話はまだ簡単だったのかもしれません。この三角関係に、まさかあんな真実があったとは。

詳しい内容は伏せておきますが、この真実が三人の関係をより一層切ないものへと変えていきます。二人が同時に同じ人を好きになった以上、必ずどちらかが諦めなければならない。ならば失われるべきその想いは、いったいどうやって決着をつければいいのでしょう。
交差する三人の想いに目が離せなくなりました。

★★★ Excellent!!!

小学生の頃から好きだった男の子、大地に告白された菜保子。だけど返事は、ごめんなさい。
好きな男子から告白されたのに、何故って思いますよね。実は菜保子の親友の女の子も、大地の事が好きで、その子の事を気にして、大地とは友達でいたいと、嘘をついてしまったのでした。

友達の事を思って、好きな人をフルしかないとは、何て切ない三角関係。しかし、実は話はもっと複雑で。友達も大地も、ある事を菜保子に隠していて。その隠し事が、三人を縛り付けていくのです。

ずっと大地の事が好きだった菜保子。いつも元気をもらっていて、逆に大地が傷ついた時は、じっとそばにいました。
ピュアな両想いの二人の、上手くいかないラブストーリー。はたしてその結末は?