見えないことで、見えるもの。

作者 西秋 進穂