星を喰らうもの

作者 水早零下

26

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の敵にあたる立ち位置の星喰い人。彼らは何を思って戦うのか?この作者さんは悪を単純な悪として終わらせないので、それ故に主人公とともに読者も悩まされます。(というかむしろ私は敵の理論に納得してしまいがち…)

SF好きな人も、そうでない人も是非読んでみて欲しい素敵な作品です。

★★ Very Good!!

 災害から始まる日常の崩壊に、臨場感のある描写が為されていたと思います。
 日常が突然崩れるというのは、必ずしもフィクションの中だけに起こるものではありません。逆に言うと(あくまで作家的な物言いになってしまいますが)、体験しづらく、その時の心理描写や臨場感の出る演出が難しいものと個人的に思っています。それを主人公の心理も交えて描写できるのは、間違いなく才能だと思います。お見事。