4.説明拝受。

「このゲームには、魔力とか、そういうたぐいのものはありません。僕は魔法使いでもないし、スピリチュアルな、力もありません。」


目の前の音歌が続ける。


「先ほども、申し上げた通り、僕は、水先案内人でしかないんです。彼氏さんを忘れたかったもしれないし、自分の人生を降りるべきかもしれない。もしくは、その両者を行わなかったほうがいいかもしれない。また逆も然り。でも、あなたは望んだんだ。彼氏さん。進一郎さんを忘れることを。」


「あのぉ。さっきから、進一郎とか、彼氏がどうのこうの言ってますけど、私、婚前処女なんです。」


「そんなこと、最初から知ってます」


うぐ、、、。


改めて言われると、ぐさっとくるものがある。


「ですから、あなたが、処女だろうが、ジョジョだろうが、関係ないんです。」


セックス・ピストルズ!!!!

こいつ、なんかヤバイ、、、。


「最初から、彼氏がどうとか、いたとか居なかったとか、本当、どうでもいい。マジで。もちろん、あれですよ。付き合ってください!とかも、無いです。僕、婚約者いるんで。ただ、あなたに言いたいのは、このゲームで、見なきゃいけないのは、現実です」


「現実、、、?」


「いつまで、こんな悪ふざけするんですか。占い師をナメないでください。最初から、あなたは、誰も信じようとしていない。自分以外の人間は、全て脇役だ。そこら辺の突っ立ってる木の役の方が。まだマシ。役割を与えられてるから。僕は、一目でわかりましたよ。あなたが僕の婚約者だって」



えっ。聞き間違えかな?



「誰?……が、婚約者って?」


「もう一発行きます?」


軽く右手を振り上げるモーションをした。


いや、だから、それが、わからないんだって。


「婚約されて、いるんですか?」


「はい。僕とあなたは、婚約しています」


「いやいや、そんな口車は、、、」


言い切る前に、音歌が、目の前の男性が、私にキスをしてきた。


「思い出しましたか?白雪姫」


「いや、その、絶対的に、人違いです」


「世の中に絶対なんてありません」


「なんなんすか、いきなりキスして、気持ち悪っ」


「本当に、本当に、僕のこと覚えてませんか?」



……。



「図書館で、ぐりとぐらのチーズについて、考えた時、マニュアル車に乗りながら、司馬遼太郎の峠を読んだり、数学について、語り明かした事。幸せって思いがあるから心はそれに酔いしれていたから、自分は、7年間耐えることができました」


……。


「あと、このゲームをしたことを、思い出せませんか。これ、あなたが考えたんですよ」


沈黙しかできない。今はただじっと、目の前の男の前にある、MARIAのカードを見ている。


不安な私を、察しているのか、カードに映ったMARIA様は、微笑んでいる。

目が笑っている。慈悲に満ちた表情だ。


数学以外にも、好きな分野があった。


美術と心理学だ。


多摩美に行くか、数学で東大を目指したかった。本当はどっちかに行きたかった。


ただ、親が許さなかった。


家が近いという理由で、一橋大学へ決めた。


私の本意ではない、



テキトーに、一般教養科目を早々に終え、


暇な時間は、数学の研究所を読んでいた。


ゲーム理論、清水薫、北野大、アンドリュー・ワイルズ、ポアンカレ予想、岡潔、等差数列、、、。



とにかく、数学への愛が止まらなかった。


彼氏なんて、できたことないし、目も合わせたこともない。



自分で、絵を描いて、ゲームを考え、イラストを描いた。


ルールも、いかにシンプルにするかを考えに考え、今、目の前にいる男とやったゲームを、やった。


あ。


だんだん、思い出してきた。




「ね。思い出してきたでしょ」


うん。


「と、いうか、これをみて、何も思わないと思って、相当凹みましたよ」


そういうと、目の前の男の人は、免許証を出してきた。


「ここに書いてあるでしょう?葵進一郎って」


あ、、、。


「現実を、受け入れたくなかったんですよね。8年前、婚前旅行で行った、無差別殺人事件を、受け入れられなくて」


そうだった。。。


「私と、あなたの家族、ほとんど、いなくなりました」


ごめんね。ごめんね、


「でも、どうしても、あなたに会いたくて、僕は生まれ変わったんだ。占い師の音歌として」


うん。そうだった。


大学時代思い出す、目の前の男性は、間違いなく、あの時あった彼だった。


「今日、多分、あなた来るだろうなぁと思って、用意してきました」


え?


「これ、受け取ってくれませんか?」


赤いローズが、目の前に現れた。


断る理由はない。


「はい」


婚前旅行でも、もらったよね。


再び言わせて、あなたのこと、あいしてます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます