誕生日なのに…#41

******

2007年の別ブログより転載。

この時、どうしてこんなにみんなカッカしてたのでしょうか(笑)。

※Fは私のひいきの野球チーム。Cは地元のサッカーチームです。

※ちなみに、今日も今月も私の誕生日とは何の関係もありません。

******

先日、誕生日を迎えました。


というか、今年からまた一つずつトシを減らしていくことにしました。「また」というのは、過去にもそう決めたことがあったのだけど、シリアスな場面(←実年齢が問われるような)で、いったい自分が何歳なのかが、計算しないとわからないという状況に陥ってしまったということがあったので、中止したのでした。

しかし。

ここへきて、このまま素直にトシを取っていくわけにはいかないと、再び発奮した次第です。


さて。

今シーズンは、Fも日本一&アジア一になったので、今、本拠地ドームでは記念の展示をやっています。

それを新聞でチェックして、私の誕生日に友だちと見に行くことにしました。


会場に着くと…なぜか、長い列。

そういえば、その日はサッカーCのファン感の日。

確かに、持株会に入ってるので招待状は来ていたけど、今季はF優先なのでサッカーはパス。長い列を尻目にぐぃぐぃと前進する私たち。


ところが、いくら行っても入れる入り口はない。

警備の人に訊くと、Cに雇われてるのでFのことは知らないと、つれない返事。

インフォメーションで訊くと、ぬゎんと、「今日は、そちらの展示は見られません」。

なヌっ!?

そんなこと新聞のどこにも書いてなかったし、前日に電話で開催時間などを確認した時も、電話口の人は何も言ってくれなかった。

「ネットなら書いてあったんですけどねー」って、そんな言い草が許されると思ってるわけ!?


  今日は、あたしの誕生日なのよっ!!


っていうか、週末を前に電話で確認してるんだから、その週末に行こうとしてる可能性大じゃない!? ふつうに考えれば。


友だちも「その電話の人、まったく気が利かない人だったんだねー」と。


ドームのインフォメーションカウンターで「ドームの事務所の電話番号」を聞き、速攻、電話。

何度も、大変申し訳ございませんと謝る相手に(←謝るしかない立場の人)、「わざわざ、○○(←ウソの遠い地名)から出て来たんですけど、何とか見せてもらうことはできませんか?」と、一応ダダをごねごねとコネてみると、お待ちくださいと待たされたもんだから、かなり期待していたけど「やはり、主催者の意向でそれはできない」とのお返事で。


別に、Cのイベントを盗み見ようとは思ってないし、照明がついてないかもしれなくても、展示物の並べ方が乱れてるかもしれなくても、全然かまわない私たちだったのだけど、ガンとして見せてもらえませんでした。


これって、本当に遠い○○からワザワザ出て来ていたら、いったいどうしてくれてたんだろう?


  今日は、あたしの誕生日なのよっ!!


さらに、アタマに来たのは、インフォメーションカウンターでは来週の日曜日なら見られるはずと言っていたのに、電話の人は「今後の日程としては、来週末はお休みです」って、今月いっぱいの展示なのに、もう平日しかやってないってことじゃないの!!

そんな大事なことが、新聞には書いてなかった。


っていうか、インフォメーションカウンターの人の言うことを信じて、おとなしく引き下がっていたら、私たちは来週の日曜日にもう一度同じ目にあっていたということ。

これには、温厚な私に輪をかけて温厚な友だちも、「そりゃあ、二人ダブルでキレてるとこだったね」とかなーり怒ってました。

インフォメーションの人への徹底もなされてないような気まぐれな(?)開催要項に、振り回された私たち。


  今日は、あたしの誕生日なのよっ!!


まあ、よい。よくはないけど、しかたない。

そのあと、予定より数時間早く街に繰り出し、友だちが私にプレゼント買ってくれたりしたあと、2時間半ガッツリお茶して帰りました。

時間はたっぷりあったんで。


そして、次の日。

別の友だちが、私のリクエストの物を誕生日プレゼントとして買いに行ってくれることになってたんだけど、店に置いてなかったとメールが来ました。

絶対あるはずなので、友だちに電話してもう一度説明したら、どうやらその子が尋ねた店員の方がカン違いして答えていたらしく、「せっかく買いに行ったのに、アタマに来た。店員に文句言ってやる」と電話はガチャリと切れました。

ヤーな予感。


そして、だいぶ経ってから、「店とケンカしたから、リクエストは別の物にして」とメールが…


あー、困りました。ほしいものは、ほかにはありません、今のところ。


っていうか…みんな、あたしのためにケンカするのはやめて…(自戒?)


せっかくの誕生日だったのよ、年に一度の。。。。。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます