第13話 ペッパーくん


とある通信端末販売会社で

受付をしているペッパーくんに


五、六歳の男の子と女の子

三人組が

一生懸命質問していた


ねぇ、ペッパーくんも

恋をするの?


ペッパーくん


その質問は理解出来ません


だからー、ペッパーくんは

人を好きになったりするの?


全くプログラム外の質問に

ペッパーくんがフリーズした所へ

見かねた案内係りのお姉さんが

子供たちに近寄って話しかける


ぼくたちー

あのねぇ

ペッパーくんはね

まだ生まれたばっかりだから

恋はまだ出来ないのよ(笑)


そうなんだー

ペッパーくんも

早く恋が出来るようになるといいね


子供たちはつばを飛ばしながら

わいわい喋っている


そうだねー

きっと

もう少し後に生まれてくる

ペッパーくんたちは

きっと恋をするようになるよ


お姉さんの説明に


子供たちの顔が

パーッと明るくなり

まんまるにふくらんだ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます