第10話 円錐形の男


あるパーティに出席している時に

その男は自身の異変を微かに意識した


それは

パーティの主催者が履いていた

クリスチャン・ルブタンの

ダンデライオンシリーズの

ドレスシューズの先端に尖っている

トッズを見た時の事で有った


その時は

酒を飲みすぎて酔ったのか

人酔いしたのか

と、さして気にすることはなかったが

急に頭痛と眩暈に襲われたのであった


そんなこともすっかり忘れていた

ある日

彼はかなり以前より四歳の長男と

約束をしていた動物園に来ていた


長男は大喜びをし

家族は久々の一家全員での

楽しいひと時を過ごしていた


やがて一家は

サイの檻の前に来た

男の視線がサイのツノに止まった


するとやはり頭痛と眩暈が襲ってきた


もしやと思い

男は病院で事情を説明する


今までに世界中で症例の無い事案のため

様々な病院や機関で何回も検査が繰り返された


そしてついに

男の病気の原因が判明した


それは

円錐形の物体を目にすると

視覚神経から脳に指令が行く際に

痛覚の情報まで乗せて伝えてしまう

という奇妙なもので有った


つまり男は

円錐形の物を見ただけで

頭痛や眩暈や気分が悪くなってしまうのだ


目で見ただけで体調が悪くなる病気


片や


見には見えない電磁波や電波で

同じような症状を引き起こす病気は

少し前から知られている


見ただけで具合がわるくなる病気

見えなくても

細胞が感じて具合が悪くなる病気


人類の科学・医学の進歩と共に

様々な新しい病気がどんどん

発見されるものだ


人類は誕生の時より

様々なウイルスや病原菌と

戦って生き抜いてきて

ここまで人口を増やしてきた


それと同じ位どんどん新たな

ウイルスや細菌や病気が出現する


しかも近年では

環境破壊物質や毒薬に原発など

人類が自らの利便性と引き換えに

生み出してしまっているような

病気の原因も増えている


自然の摂理の前では

人類の未来も


盛者必衰のことわりをあらわす


になるのであろうか・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます